Airdrop(エアドロップ)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

Airdrop(エアドロップ)とは?

Airdrop(エアドロップ)とは、直訳すると空から降ってくるという意味で、仮想通貨においてはICO(Initial Coin Offering)で資金調達をしたい個人・企業・プロジェクトなどが、自社で発行したトークンを無償で利用者に配布することがあり、この無償のトークン配布のことをAirdropといいます。

トークンの発行者がAirdropに参加する条件を決めています。例えば、イーサリアムなど指定の通貨が入ったウォレットアドレスを入力したり、ソーシャルメディアでポストしたり参加条件が様々です。

そんなAirdropで配布されるトークンは微々たるものではありますが、いつかそのトークンが取引所などに上場し、価値が高くなれば、大きな利益を得られる可能性も十分にあります。