ビットバンク(bitbank)の評判や口コミは?メリット・デメリットを徹底調査!【2021年最新版】

ビットバンク(bitbank)の評判や口コミ

ビットバンクは、国内の全仮想通貨取引所中、取引量がNo.1になったことがあるほどの人気の仮想通貨取引所です。

  • ビットバンクで仮想通貨取引してみたいけど、実際の評判はどうなの?
  • ビットバンクのメリットやデメリットが知りたい!

ビットバンクについて、このように思っている方が多いと思います。

ビットコインは、現在進行形で価格高騰し続けており、仮想通貨市場はとても盛り上がっています。そんな今話題の仮想通貨で取引を始めるために、人気取引所であるビットバンクで口座開設をしようか悩んでいる方が多いはずです。

そこでこの記事では、仮想通貨歴10年以上の管理人が、ビットバンクの評判や口コミについて徹底調査した結果判明したメリット・デメリットについて解説していきます。また、ビットバンクの会社概要やどんな人に向いているのかも併せてご紹介します。

この記事を最後までご覧になることで、ビットバンクがどんな仮想通貨取引所なのか理解でき、ご自身で利用するべきかどうか判断できるようになるでしょう。

それでは、まずは会社概要から見ていきましょう。

ビットバンク(bitbank)の会社概要

ビットバンクは、ビットバンク株式会社が運営している仮想通貨取引所です。取引量がとても多い仮想通貨取引所で、ビットバンクの機能性や強固なセキュリティ対策が多くのトレーダーから重宝され、大人気となっています。その信頼性の高さから、国内の仮想通貨取引所の中、取引量No.1、セキュリティ国内No.1になった実績があります

また、ビットバンクは、公式HP内で仮想通貨に関する最新情報や市場・相場分析などについて「bitbank MARKETS」で情報発信をしています。元々は、国内最大級の仮想通貨専門メディアである、「BTCN」を運営していました。有料級の充実した情報量から、多くのトレーダーから支持されています。

取り扱いのある仮想通貨は8種類、通貨ペアは15種類。豊富な種類のアルトコインを取引所形式で取引できることが特徴です。続々と新しい種類の通貨が追加されているので、今後もさらに増えていくとされています。

ビットバンク(bitbank)のメリット【6個】

それでは早速、ビットバンクの6個のメリットをご紹介いたします。

アルトコインを取引所で取引可能

ビットバンクでは、すべての仮想通貨を取引所形式で売買することができます。ほかの仮想通貨取引所の場合、アルトコインは販売所形式での取り扱いのみのケースが多いです。

また、販売所形式でアルトコインを取引すると、スプレッドが広くなることがあり、取引コストが多めにかかってしまいます。スプレッドとは、売値(Bid)と買値(Ask)の価格差のことを指します。しかしビットバンクの場合、取引所形式でアルトコインを取引できるので、手数料が安く済みます

取引所形式でアルトコインを取引したい方からはとても人気が高く、ビットバンクが人気の高い仮想通貨取引所であるということも納得です。

  • ≪取り扱い仮想通貨≫
    ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ライトコイン(LTC) モナコイン(MONA) ビットコインキャッシュ(BCC) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM)

「仮想通貨(暗号資産)を貸して増やす」サービス

ビットバンクは、他の取引所にはあまりない「仮想通貨を貸して増やす」サービスを提供しています。保有している仮想通貨を貸し出して、1年後に貸し出した通貨を最大年率3%で受け取ることができるサービスです。一定期間預けているだけで、金利がついて戻ってくるので、取引をしなくても仮想通貨資産が増えると話題になっています。

ビットバングで取り扱いのある仮想通貨全種類が対象なので、使用せずに口座で眠っているだけの通貨をお持ちの方は、このサービスを使って資産を増やしてみるのもオススメです。

頑丈なセキュリティ対策

仮想通貨取引はインターネット上で行うため、外部からのハッキングなど様々なリスクがあります。ビットバンクは、ネット上での金融犯罪防止対策として多様なセキュリティ強化の取り組みを実施しています。高い技術の取り組みが第三者機関から評価され、ビットバンクは過去にセキュリティ国内No.1になった実績があります

安心・安全を第一に、ユーザーの資産を外部から守るための取り組みを日々実施しているので、信頼性が高く、安心して取引することができます。

  • ≪ビットバンクのセキュリティ対策/顧客資産管理≫
    顧客資産とビットバンクの資産を分別して管理
    マルチシグを導入
    コールドウォレット管理
    ホットウォレット管理
    2段階認証
    SMS認証

ビットバンクは、外部のインターネットから完全に遮断されたコールドウォレットでユーザーの大切な資産を守りつつ、インターネットに接続された環境にあるホットウォレットも導入することで、いつでも資産を送れて、受け取れるという利便性も兼ね備えています。

また、万が一ビットバンクが破綻してしまった場合でも、顧客とビットバンクの資産は分別して管理されているので、影響を受けずに済みます。顧客資金は信託銀行に信託し、独立性をもって安全に管理されています

  • マルチシグとは?
    マルチシグネチャーの略語で、日本語訳では「複数の署名」という意味。複数の秘密鍵を必要とする技術のこと。
  • コールドウォレットとは?
    仮想通貨保管する方法のこと。セキュリティレベルがとても高い保管方法の1つです。インターネットに接続されておらず、遮断されたウォレット。
  • ホットウォレットとは?
    仮想通貨保管する方法のこと。インターネットに接続された環境にあるウォレット。

テクニカル分析ができるTradingViewを導入

今後の値動きを予測するためには、テクニカル分析ツールは必要不可欠です。しかし、機能性が高いテクニカル分析ツールを導入している国内の仮想通貨取引所は少ないのが現状です。ビットバンクでは、100種類以上のテクニカル分析が使えるTradingView(トレーディングビュー)を提供しています

ほかの分析ツールにはない利便性に富んだ様々な機能が備わっているTradingViewは、仮想通貨取引をする多くのトレーダーから支持され、重宝されています。

TradingViewは、様々なテクニカル分析が使えるだけでなく、チャート機能も非常に充実しており、チャート上にラインを引くことができる描画機能やテクニカル指標を使って、移動平均線や一目均衡表を常に表示させることもできます。

また、テクニカル解析ツールを自分でカスタマイズして、自分が使いやすいようオリジナルで作ることもできます。

スマホ対応の取引アプリがある

ビットバンクには、iOSとAndroidに対応したスマホアプリがあります。機能性が高く使いやすさが人気となり、過去にiOS AppStoreファイナンスカテゴリ(無料)ランキングで国内No.1になった実績があります。

シンプルですっきりとした見やすいデザインで、直感的に操作することが可能です。そのため、仮想通貨初心者でも簡単に使うことができます。

また、スマホアプリでもTradingViewのチャートを使うことができるので、テクニカル指標の追加や時間足の設定なども可能です。

ビットバンクの取引用スマホアプリはPCを持ち歩かなくても、外出先でいつでもスムーズに取引することができるので、初心者から上級者まで、幅広いユーザーから大人気となっています。ビットバンクを利用する際は、普段PCのみで取引している方も、このスマホアプリをインストールしておくことで、よりスムーズに取引ができるようになるでしょう。

ビットバンクが情報発信している「bitbank MARKETS」

ビットバンクは、仮想通貨に関する最新情報や市場・相場分析、規制動向、コラムなどを公式HP内「bitbank MARKETS」にて情報発信しています。

bitbank MARKETSで発信されている内容は情報量が多く、とても充実していているため、多くの読者から人気のコンテンツです。

仮想通貨取引の上級者はもちろん、「暗号資産の教科書」というカテゴリでは、取引の始め方やチャートの見方など、始めたばかりの初心者向けの記事も多数あるので、ビットバンクで取引をしながら勉強も同時にできます。

ビットバンクは、「利便性」に特化しているというだけあって、使いやすい取引ツールに限らず、ユーザーにとって有益な情報発信も同時に行っています。

これらすべてを無料で閲覧することができるので、まだbitbank MARKETSをご覧になったことがない方は、公式HP上部の「マーケット情報」より閲覧可能ですので、是非一度、覗いてみてください。

ビットバンク(bitbank)のデメリット【2個】

レバレッジ取引が利用できない

レバレッジ取引をすることができた「bitbank Trade」が2019年3月31日でサービス終了したため、現在ビットバンクは現物取引しかできません。レバレッジ取引とは、保有する資金を証拠金として口座に預け、それを担保に証拠金の何倍もの金額を取引できる仕組みのことです。

レバレッジ取引はリスクを伴う場合があるので、元から現物取引メインで利用している方は問題なく利用していただけます

注文方法が少ない

ビットバンクでの注文方法は、成行と指値のみです。逆指値やOCOなどといった成行と指値以外の注文機能はありません。

注文方法が少なくシンプルなので、初心者の方でも迷わず使っていただくことができます

ビットバンク(bitbank)はこんな人におすすめ!

取引所形式でアルトコインを取引したい

アルトコインを取引できる国内の仮想通貨取引所はかなり少ないのが現状です。ビットバンクは、豊富な種類のアルトコインを手数料を安く済ませながら取引できるので、多くのユーザーから人気があります。

ビットバンクは当初、取引所しかありませんでしたが、現在は販売所も登場し、どちらでもアルトコインを取引することができます。販売所はもちろん、取引所でもアルトコインで取引したい方にはおすすめです

セキュリティ強度が高い環境で安心して取引したい

大切な資金を守ってくれるセキュリティ対策が施されていないと、安心して取引はできません。ビットバンクは高度な技術を駆使した強固なセキュリティ対策が完備されています。

過去にセキュリティ国内No.1になった実績もあり、安心ができて信頼のおける仮想通貨取引所です。安心して心置きなく取引がしたいという方にはおすすめです

現物メインで取引している

ビットバンクは、レバレッジ取引ができませんが、元々、レバレッジを利かせた取引をしておらず、現物取引をメインとしているユーザーの方にはぴったりの仮想通貨取引所です。

現物取引は、価格変動などで損失があったとしても、最悪自己資金が0円になるだけで済みますが、レバレッジ取引の場合は、自己資金以上の損失が出てしまう恐れがあります。このようなリスクマネジメントをしている方にはおすすめです

まとめ

ビットバンクは、国内の仮想通貨の取引所中、取引量がNo.1だったという実績があり、ほかのにはない魅力がたくさん詰まった仮想通貨取引所です。

ビットバンクが注目され、根強い人気を誇っている理由は、ほかの仮想通貨取引所にはない様々なコンテンツが導入されているからです。ビットバンクの顧客ファーストな取り組みには、定評があり、ユーザーから高い信頼を得ています。ユーザーにとって使いやすく安心して取引ができるよう、ビットバンクは今もなお、新たな取り組みや改善に取り組んでいます。

ビットバンクは、初心者から上級者まで、幅広いユーザーが利用しやすい仮想通貨取引所です

また、ビットバンクはキャンペーンを実施していることが多いので、お得に取引できるチャンスがあります。この機会に是非、参加してみてください!

≪現在開催中のキャンペーン≫

新規銘柄クアンタムの取引手数料が無料

キャンペーン対象ペア:QTUM/JPY QTUM/BTC

※キャンペーン期間は2021年4月30日9:59まで、ビットバンク都合で期日前に終了する場合は2週間前に告知あり。

ビットコインの取引手数料50%還元

キャンペーン対象ペア:BTC/JPY

※キャンペーン期間は2021年4月1日12:30まで、ビットバンク都合で期日前に終了する場合は2週間前に告知あり。

スマホからの申込みであれば、最短1日で口座開設が完了し、取引ができます。

ビットバンクで口座開設して、仮想通貨取引を始めてみましょう!