エルサルバドルがビットコインを法定通貨化!~2021年9月7日から~

エルサルバドルがビットコインを法定通貨化!~2021年9月7日から~

2021年6月24日にエルサルバドルのブケレ大統領が演説を行い、9月7日から仮想通貨である「ビットコイン」の法定通貨化することを表明しました!

ビットコイン法定通貨案が賛成多数で承認されたことにより、世界初のビットコイン法定通貨採用となりました。

ブケレ大統領はビットコイン法定通貨案に対して、「ビットコインの使用は任意なため、誰も望まなければビットコインを受け取ることはありません。ビットコイン支払いを受ければ、自動的にドルで受け取ることを選べます」と述べています。

なお、給与や年金は引き続き米ドルで支払われるようです。

このことからアセナ・ビットコインは、エルサルバドルで仮想通貨ATMを約1,500台設置する計画を明らかにしました。ATMはビットコイン売買に利用できるそうです。

エルサルバドルのビットコイン 法定通貨化を国連ラテンアメリカ経済委員会は懸念

国連のラテンアメリカ・カリブ経済委員会は、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として承認したことを最も懸念している機関です。

ラテンアメリカ・カリブ経済委員会のアリシア・バルセナ事務局長は、エルサルバドルのビットコイン法定通貨案に対して、マネーロンダリングに関連するリスクのみならず、多くのリスクを引き起こすと警告しました。

また、アリシア・バルセナ事務局長は、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として承認することで発生するメリットやリスクを研究した結果は存在しないことも強調しました。その他にも、エルサルバドルが金融活動作業部会からの厳密な調査とリスクに直面する可能性あることも指摘してます。

エルサルバドルがビットコインを法定通貨化まとめ

エルサルバドルがビットコインを法定通貨化することを表明しました。そのことに対して、懸念を高める組織が世界中で増えており、ラテンアメリカ・カリブ経済委員会も警告を発しました。

実際には、2021年9月7日からエルサルバドルでビットコインは法定通貨となる予定ですが、その後どう影響するのか、何か変化があれば随時記事にしていきます。