ビットフライヤー(bitFlyer)のスプレッドを徹底調査!他社比較も

ビットフライヤーは、国内仮想通貨取引所の中でもトップクラスの知名度を誇る取引所になります。

  • ビットフライヤーのスプレッドは安い?
  • ビットフライヤーはスプレッドは他社と比べてどうなの?

そんなビットフライヤーに対してこのように考えている方は多いと思います。スプレッドは取引する度にかかってしまうため、なるべくスプレッドが狭い取引所で取引したいですよね。

そこでこの記事では、ビットフライヤーのスプレッドは広いのか徹底調査していきます。また、競合他社と比べたときのスプレッドも徹底比較しています。

これからビットフライヤーで仮想通貨取引を始めようと考えている方は是非参考にしてみてください。

ビットフライヤー(bitFlyer)のスプレッドを徹底調査!

結論から言うと、ビットフライヤーはビットコインのスプレッドが狭く取引しやすいです。その上、ビットフライヤーは総じて信頼性が高い会社なので、利用する価値はあります。

ここではまずは初心者の方向けに、スプレッドの解説からしていきます。仮想通貨を始めるまえに、スプレッドが変わると取引にどんな影響があるのか、理解しておくのがおすすめです。

スプレッドとは

スプレッドは仮想通貨の取引にかかる手数料のようなものです。仮想通貨の取引には、取引手数料とスプレッドがかかりますが、ほとんどの取引所では取引手数料が無料になっています。

つまり、取引所ごとにかかる手数料の違いは、スプレッドの差だけです。スプレッドは「通貨の買値と売値の差」を表しています。

例えば、ビットコインの購入価格が100円で、売却価格が120円のときに取引すると、差額の20円がスプレッドです。

スプレッドは広い、狭いという使い方をします。スプレッドが狭い方が価格差が小さく、手数料を安く済ませることができるので有利に取引できるのです。

販売所と取引所の違い

仮想通貨取引所では、2種類の取引方法が用意されています。それが「取引所」と「販売所」です。

この取引所と販売所では、かかるスプレッドが全く違います。

とはいえ、どちらにもメリットとデメリットがあるので、特性を理解して使いこなすことが大切です。

販売所での取引

「販売所」ではユーザーと運営会社がやりとりをします。常にトレードができる環境が運営によって整っているため、好きなタイミングで通貨を売り買いすることができます。

ただし、スプレッドは「取引所」よりも広いです。

運営会社は、通貨を高く売って安く買い取ることで利益を得ています。このスプレッドは運営会社だけでなく、取引する通貨によっても変わるので注意です。

例えば、A会社はB会社よりットコインのスプレッドは狭いが、ETH(イーサリアム)のスプレッドは広い、ということもあります。

取引所での取引

「取引所」ではユーザーとユーザーがやりとりします。通貨を欲しがっている人がいないと取引が成立しないため、好きなタイミングで売買できるとは限らないのがデメリットです。

その代わり、ユーザーが相手なのでスプレッドは圧倒的に安く済みます。

好きなタイミングで売買できるかどうか、見極めるには経験や相場感が必要なので、やや上級者向けの取引方法です。

ビットフライヤー(bitFlyer)のスプレッド

ビットフライヤーは、ビットコインのスプレッドが狭く取引しやすいです。

代わりに、その他の通貨はややスプレッドが広く、有利に取引できるとはいえません。

以下は主要な通貨のスプレッド一覧です。

 取引所形式販売所形式
BTC(ビットコイン)0.16%2.9%
EHT(イーサリアム)15%
XRP(リップル)13%

ビットフライヤーは、取引量が国内の取引所の中でもっとも大きくなっています。

つまり、それだけ取引所での売買が成立しやすく、結果的にスプレッドが安く済む場合もあるでしょう。

また、スプレッドは取引するときにかかるものです。

取引回数があまり多くない人や、長期保有が目的で口座解説をする人は、そこまで気にする必要はないという見方もできます。

ビットフライヤー(bitFlyer)のスプレッド【他社比較】

ビットフライヤーのスプレッドは、ビットコインだと他社とあまり変わりません。しかし、アルトコインでは大きな差をつけられていることも多いです。

国内でも特に有名な取引所と、ビットフライヤーのスプレッドについて見比べてみましょう。

今回比較しているのは、下記の3社です。

  • コインチェック
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

ビットフライヤー(bitFlyer)とコインチェック(Coincheck)のスプレッド比較

コインチェックの方がビットフライヤーよりも全体的にスプレッドが狭めです。販売所でビットコインを購入する場合のみ、ビットフライヤーの方がスプレッドが狭くなります。しかし、コインチェックはレバレッジ取引ができないので、そこが差別化点になるでしょう。

初心者で、BTC以外持つ予定のない人や、レバレッジ取引をしたい人はビットフライヤーがおすすめです

アルトコインを取引する場合は、銘柄数でもスプレッドでの狭さでも、コインチェックのほうが勝っています。

 ビットフライヤーコインチェック
BTC(ビットコイン)取引所:0.16% 販売所:2.9%取引所:0.05% 販売所:6.2%
EHT(イーサリアム)販売所:15%販売所:6.0%
XRP(リップル)販売所:13%販売所:8.4%

ビットフライヤー(bitFlyer)とGMOコインのスプレッド比較

GMOコインの方が全体的にスプレッドが狭くなっています。ビットコインのスプレッドだけはビットフライヤーが狭いものの、あまり大差がないので、スプレッド面だけみるとGMOコインが有利です。

ただし、両社には最大レバレッジの差があります。レバレッジは「てこの原理」という意味で、少ない金額でより大きな資金を動かす取引のことです。

GMOコインの最大レバレッジ2倍に対し、ビットフライヤーは最大レバレッジが2倍に設定されています。つまり、少ない資金で大きな利益を狙うのであれば、ビットフライヤーの方が向いているのです。

 ビットフライヤーGMOコイン
BTC(ビットコイン)取引所:0.16% 販売所:2.9%取引所:0.11% 販売所:3.9%
EHT(イーサリアム)販売所:15%販売所:3.9%
XRP(リップル)販売所:13%販売所:5.8%

ビットフライヤー(bitFlyer)とDMMビットコイン(DMM Bitcoin)のスプレッド比較

両社ではビットコインの取引に差があります。DMM Bitcoinはスプレッドが狭いものの、取引所での取引ができません。

仮想通貨に慣れている人は、ビットフライヤーの取引所で取引した方がお得です。

一方で、販売所で取引したい初心者の方などは、DMM Bitcoinの方が扱いやすいでしょう。

アルトコインに関しては差はあれど、どちらもスプレッドが広めな事に変わりありません。

 ビットフライヤーDMM Bitcoin
BTC(ビットコイン)取引所:0.16% 販売所:2.9%販売所:0.5%
EHT(イーサリアム)販売所:15%販売所:9.4%
XRP(リップル)販売所:13%販売所:12.7%

ビットフライヤー(bitFlyer)のスプレッド【評判や口コミ】

ビットフライヤーはスプレッドが広いという声もあります。しかし、そのデメリットを差し置いて使われているほど、メリットも多いのです。

ビットフライヤーの利用者の声を元に、スプレッドやその他のメリットについてまとめました。

  • スプレッドが広い
  • セキュリティに安心感がある
  • 初心者でも扱いやすい

スプレッドは広い

やはり、スプレッドの広さを気にする声は多いです。

特にEHT(イーサリアム)やXRP(リップル)などの主要なアルトコインに関しては、他の取引所で取引している人もいます。

ただ、ビットコインに関しては他と変わらないか、他よりもスプレッドが狭めなのが良い点です。

セキュリティに安心感がある

ビットフライヤーは取引所の中でも信頼性が高いです。

コインチェックは2017年に仮想通貨の流出事件を起こしていますが、ビットフライヤーは2014年の設立以降、事件などは起こっていません。

二段階認証を採用していてログインに手間はかかるものの、そのぶんセキュリティ面でも信頼できる取引所です。

初心者でも扱いやすい

ビットフライヤーは、初心者でも使いやすいサービスが魅力です。

口座開設は簡単にできて、分からないことがあっても問い合わせれば丁寧に答えてもらえるので、安心感があります。

また、スマホアプリの見やすさも好評で、初心者でも迷うことなく通貨の売買ができるのがメリットです。

ビットフライヤー(bitFlyer)のスプレッドは高いの?

ビットフライヤーのスプレッドは、ビットコインとアルトコインでかなり変わります。ビットコインに関しては、他社以上に狭いか近いスプレッドとなっていて、取引に不便は感じないでしょう。

しかし、それ以外の通貨はスプレッドが広くなっています。

特にメジャーなアルトコインのEHT(イーサリアム)やXRP(リップル)のスプレッドの広さが目立ち、これを嫌って他の取引所と使い分けている人も多いです。

ビットフライヤーを他と比べると、ビットコイン取引や、会社自体の信頼性に重きを置いている取引所だといえるでしょう

まとめ

ビットフライヤーはアルトコインのスプレッドが高めです。

ビットコインしか取引しない人は全く問題ありませんが、EHT(イーサリアム)やXRP(リップル)などのアルトコインを取引する場合は、他の取引所と使い分けましょう。

ビットフライヤーの主な評判としては、以下のような意見が多く見られました。

  • スプレッドが広い
  • セキュリティに安心感がある
  • 初心者でも扱いやすい

ビットフライヤーはアルトコインのスプレッドが広めですが、国内の取引所では信頼性が高く、多くの人に使われています。

初心者にも使いやすいので、これから仮想通貨を始める人はぜひビットフライヤーで口座開設してみましょう。