コインチェック(Coincheck)のIEOが7月1日から提供開始!Palette Token(PLT)の購入方法や買い方を解説

コインチェックでは、2021年7月1日から「Coincheck IEO」を提供開始します!

さらに、Coincheck IEOの第一弾として、株式会社Hashpaletteが発行する「Palette Token(PLT)」の購入申込みを2021年7月1日から実施します。なお、IEOによって資金調達をするのは国内初の試みとなります

この記事では、そんなコインチェックのIEOについて徹底解説していきます。IEOとはそもそも何か、ICOとの違い、Palette Tokenを購入するための方法や買い方についても合わせてご紹介していきます。

この記事の要約
  • IEOとは仮想通貨を用いて企業がプロジェクト推進のために資金調達をする方法
  • IEOのメリットは「信頼性が高い」「安心できる」「取引所の利用者なら誰でも参加できる」
  • Palette Tokenを購入するためには、コインチェック口座開設をする必要がある

仮想通貨(暗号資産)を買うなら安全かつ手数料無料のコインチェック!

 コインチェック公式サイトでの口座開設はこちら

コインチェック(Coincheck)のIEOとは?

コインチェック(Coincheck)のIEOとは、Initial Exchange Offeringの略称で、仮想通貨を用いて企業がプロジェクト推進のために資金調達をする方法のことです

今回実施される「Coincheck IEO」は、企業やプロジェクトなどが発行したユーティリティ・トークンの審査や販売をコインチェックが行うことによって、コミュニティの強化・形成や資金調達を支援するためのプラットフォームになります。

反対に、未公開トークンの公開や販売をすることで資金調達をする「ICO(Initial Coin Offering)」という方法もあります。

IEOとICOには決定的な違いがあるので、ここからはその違いについて解説していきましょう。

IEOとICOの違い

ICOでは、企業がプロジェクトの方針や内容をホワイトペーパーなどで公開してトークンを発行します。まずそのプロジェクトに参加する投資家がトークンを買い、その販売した利益で発行元企業はプロジェクトを進めていきます。

なお、投資家は発行元企業から投資額に釣り合うだけのサービスを受けたり、買ったトークンが将来的に値上がりすることによって利益を得たりします。

そんなICOは株式公開より低コストかつ簡単に行えるため、これまでさまざまな企業で行われてきました。

しかし、ICOではプロジェクトや発行元企業の信頼性・健全性がわからないため、投資家自身が判断しなくてはなくてはならないというデメリットもあります。

そこでICOの代わりに登場したのがIEOです

IEOではトークンの販売におけて、発行元からの委託を受けて取引所が行います。

IEOのメリット

IEOには様々なメリットがあります。

IEOのメリット
  • 取引所が審査を行うため信頼性が高い
  •  上場の時期が決まっている安心感がある
  • 取引所の利用者なら誰でも参加できる

上記のように、ICOと違ってIEOには利用者にこれだけのメリットがあるのです。

Coincheck IEO 今後の予定

IEOのメリットが分かったところで、次にコインチェックのIEOやPalette Tokenに関する今後の予定についてみていきましょう。

7月 1日12:00購入申込み開始
7月15日18:00購入申込み終了
7月20日順次抽選およびPalette Token受渡し
7月27日12:00取引所においてPalette Tokenの取扱いを開始
コインチェックの公式サイトから引用

上記の表のように、2021年7月1日から購入申し込み開始となっています。

Palette Tokenの購入方法や買い方、参加条件を解説!

Palette Tokenの販売概要は以下の通りです。

◆発行者:株式会社Hashpalette
◆発行トークン:Palette Token(PLT)
◆総発行枚数:1,000,000,000 枚
◆販売総数:230,000,000 枚(総発行枚数の[23]%)
◆販売価格:4.05円/PLT
◆払込通貨:日本円

購入申込みをするためにはコインチェックで口座開設をする必要があります!

下記のリンクからコインチェックの公式サイトを開き、口座開設をしてください。

仮想通貨(暗号資産)を買うなら安全かつ手数料無料のコインチェック!

 コインチェック公式サイトでの口座開設はこちら

Palette Tokenの詳細

「Palette Token」は、エンターテインメント領域に特化したNFTプラットフォームである「Palette」で利用されているERC20準拠の仮想通貨になります。

そんなPalette Tokenは、主に以下の用途で使用することができます。

Palette Tokenの用途
  • 発行されたNFT(Non-fungible token)の購入費
  • Paletteにおけるノード運用報酬の支払い
  • Paletteコンソーシアムメンバーへの委任
  • スマートコントラクトやNFT発行の手数料

Paletteはクロスチェーン技術によって、イーサリアムなどのブロックチェーンとの接続機能を有しています。その対応先は順次拡大予定となっているため、エコシステムの更なる拡大が期待されています。

仮想通貨(暗号資産)を買うなら安全かつ手数料無料のコインチェック!

 コインチェック公式サイトでの口座開設はこちら