コインチェック(Coincheck)の安全性は?信頼できるか徹底調査

コインチェック(Coincheck)の安全性

仮想通貨(暗号資産)に興味があり、いろいろ調べた結果「コインチェック」にたどり着いた方も多くいらっしゃるでしょう。

  • コインチェックって安全なの?
  • コインチェックの安全性や信頼性はどうなっているの?
  • 信頼できる取引所か知りたい

そんなコインチェックに関してこのように思われている方はきっと多いはずです。仮想通貨の投資を始めるのであれば、信頼性や安全性の高い取引所で口座開設したいものですよね。

そこでこの記事では、コインチェックの安全性や信頼性について徹底調査した結果をご報告していきます。

実は、コインチェックは一度ハッキング被害に遭ったことがあります。

しかし事件後、コインチェックはセキュリティの強化や様々な取引のための安全対策を徹底してきました。そのセキュリティ強化や取引の安全性のために取り組んできた体制づくりなどについても合わせてご紹介します。

この記事をご覧になることで、「現在のコインチェックは安全に利用できるのか」、「信頼できる取引所なのか」ご自身で判断できるようになるでしょう。

まずは、過去に起きたコインチェックのハッキング被害について解説していきます。

コインチェック(Coincheck)は安全?実は過去にハッキング被害に遭っていた!

コインチェックは2018年1月26日に、ハッキング被害に遭ったことがあります。被害総額は約580億円相当で、約26万人にもの人が被害に遭ったと言われています。

コインチェックでこのような事件が起きた原因は以下の3つになります。

  1. ホットウォレットで管理されていた
  2. 取引量が多かった
  3. ウイルスメールの開封

それでは、順番にみていきましょう。

ホットウォレットで管理されていた【安全性△】

まずハッキング事件の原因として考えられるのは、コインチェックの資産管理方法がホットウォレットだったことです。

ホットウォレットとは、ずっとインターネットに接続した状態で資産を管理する方法のことをいいます。特徴としては、①資産管理の利便性が向上すること、②ハッカーのターゲットにされやすいことが挙げられるでしょう。

取引量が多かった【安全性△】

2つ目の原因は、当時日本で仮想通貨に投資する人が増え、コインチェックの利用者数が急速に増加していました。

そのためハッカー達のターゲットとして目につきやすい上に、セキュリティ強化の対策を行う余裕がない状態だったことが考えられます。

ウイルスメールの開封【安全性☓】

3つ目の原因は、コインチェックのミスでウイルスメールを開封してしまったことです。そのことにより、ウイルスに感染して資産データのパスワードが盗まれてしまいました。

ちなみにホットウォレットで管理していなければ、パスワードが盗まれることもありませんでした。このようなミスが重なった結果、ハッキング被害に遭ってしまいました。

コインチェック(Coincheck)の安全性【現在】

現在のコインチェックは、非常に安全性が高いです

高いノウハウやシステムの安定性、セキュリティ認証強化などを徹底しており、現在では安心して仮想通貨投資を行える環境を整えています。

それでは、具体的な取り組みについてみていきましょう。

マネックスグループに入った【安全性◎】

コインチェックはハッキング事件後、あの超有名なマネックス証券のグループ会社となりました。

マネックスグループには、マネックス証券など金融サービスを運営している豊富な経験やノウハウがあります。そのノウハウを活用して、管理体制の大規模改善を徹底的に行いました

当時はセキュリティ強化対策を行う余裕がない状態だったコインチェックですが、現在は徹底した対応を行っています

分別管理を徹底している【安全性◎】

コインチェックでは、分別管理を徹底しています。

分別管理とは、顧客から預かった資金とコインチェックの経営資金を完全に分別して管理することをいいます。

そのためあなたがコインチェックにお金を預けても、会社の運営資金として勝手に使われることはありません。

二段階認証を採用している【安全性◎】

コインチェックでは、セキュリティ認証強化のために二段階認証を採用しています

SMSや認証アプリ(Google Authenticator / iOS, Android)によって二段階認証を行うことで、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止しています。

パスワードを盗まれてしまう原因として、①複数のサイトで同じパスワードを使っていること、②迷惑メールなどに記載されてあるリンクをクリックすること、③インターネットからソフトウェアをダウンロードすることが挙げられます。

特に、複数のサイトで同じパスワードを使ってしまう方は多いのではないでしょうか。

しかし、たとえ上記のような行為を行ってパスワードを盗まれてしまっても、二段階認証であれば第三者からの不正アクセスを防ぐことができます。

SSL暗号化通信【安全性◎】

コインチェックは、SSL暗号化通信を利用しています

SSL暗号化通信とは、データを暗号化してやり取りすることをいいます。このSSL暗号化通信を利用することによって、データ通信の際に取引データや個人情報が抜き取られるのを防いでくれます。

そのため、第三者が情報を盗むことはできません。

なお、コインチェックがSSL暗号化通信を採用していることは、以下の方法で確認することができます。

  • URL欄に保護された通信であることを表す「鍵マーク」があること
  • URLの始めが「https://」で表示されていること

URL欄の鍵マークをクリックすると、SSLサーバー証明書の詳細を確認することができます。このように、コインチェックではシステム内部のデータ通信にもSSL暗号化通信を利用しています。

マルチシグを採用している【安全性◎】

コインチェックでは、マルチングも採用しています

マルチングとは、秘密のキーを複数に分けて管理する方法のことをいいます。このマルチングを採用することで、ハッカーがたとえ1台の端末に侵入しても全てのキーを入手しなければハッキングできないようになりました。

以前は1つの秘密のキーだけで管理していたのでセキュリティは万全ではなかったのですが、マルチシグの採用よってハッキングが困難となりました

マルチングは、セキュリティ対策として非常に有効的な方法の1つとなっています。

セキュリティ対策も万全【安全性◎】

コインチェックでは、ログインの際もセキュリティ対策を万全に行っています。

ログインの際に、一定回数以上アカウント情報の入力に失敗した場合は、アカウントを一時的にロックしています。

第三者による不正アクセスを防ぐために行っています。そのため、アカウントロックされてから30分間程はログインすることができないので、注意してください。

自動タイムアウト【安全性◎】

コインチェックではログインした際に、一定時間未操作が続くと自動的にログアウトされるようになっています。

この自動タイムアウトによって、第三者による不正操作を防ぐことができます。

コインチェック(Coincheck)は安全で信頼できる!【結論】

ここまでで、コインチェックの安全性について解説してきました。現在のコインチェックの安全性は高いことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

結論として、コインチェックは信頼できるといえます。

以前のコインチェックはセキュリティ対策が甘かったためハッキング被害を受けましたが、現在のコインチェックはマネックスグループのノウハウを活用することによって、大規模改善を行い、セキュリティ対策を徹底しています

その結果、コインチェックは金融庁に安全性や信頼性を認められ、正式な取引所として認可されるようになりました

現在のコインチェックでは、誰もが安心して利用できるような環境が整っています。

まとめ

現在のコインチェックは、安全性や信頼性が高い仮想通貨取引所に生まれ変わりました。

以前の甘かったセキュリティ対策は全て改善しています。あの超大手のマネックスグループのノウハウを活かした運営を行っているため、非常に信頼できます。

現在のコインチェックはセキュリティが高いだけでなく、取扱通貨数国内No.1を誇っており、アプリも使いやすいため、多くのトレーダーの方におすすめできる取引所です。 この機会に是非コインチェックを利用して、仮想通貨取引を行ってみてはいかがでしょうか