クロスチェーンとは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

クロスチェーンとは?

クロスチェーンとは、違うブロックチェーン同士をつなぐことをいいます。クロスチェーンの取引が実現すれば、第三者を介入することなく、異なる仮想通貨を直接交換できるようになるのです。その結果、取引所における手数料やセキュリティのリスクを回避することができます。

このようなクロスチェーン取引を実現するテクニックを「アトミックスワップ」といいます。クロスチェーン技術は異なるブロックチェーン同士をつなぐため、非中央集権・分散型のシステムを実現する上でなくてはならない技術なのです。