仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)とは?特徴&今後の将来性について

仮想通貨にはたくさんの種類があります。そのため、ビットコインのような有名な通貨は知っていても、それ以外の通貨についてはよく知らない人もいるのではないでしょうか。日本ではあまり知られていなくても海外では有名な仮想通貨があります。そのような通貨の一つがBATです。

2017年に登場して近年は価格が高騰しています。日本の取引所でも取り扱われるようになっていて、今後は注目されるでしょう。この記事ではそんな仮想通貨のBATとは何か詳しくご紹介します。どのような特徴があるのか、今後の将来性があるのか、どの取引所を利用するのがおすすめなのかを説明しましょう。

仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)とは?

仮想通貨のBATは、ベーシックアテンショントークンの略称であり、2017年5月に誕生しました。イーサリアムをもとにして作成されたERC20トークンで、Braveというウェブブラウザ上で利用されています。Brave上で便利に活用できる通貨であり、たとえば投げ銭で利用することも可能です。海外では問題なく利用できるのですが、日本では現在ポイントとしてしか受け取れない状態のため注意しましょう。

正式名称は「Basic Attention Token」です。WEB広告においてユーザーやメディア、広告主の課題に対処するために開発されました。したがって、Brave上でユーザーの情報提供や広告の閲覧をユーザーが自身でコントロールできます。実際にユーザーが特定の広告をチェックすることでBATを獲得できるシステムです。広告主がBATを利用して広告をBrave上に掲載できるようになり、それを閲覧したユーザーが対価としてBATを受け取れるとイメージしましょう。

2021年5月時点でBATの時価総額は2,303億円、単価は153円となっています。日本でも取り扱っている取引所は存在していて注目度が上がっている通貨です

仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴

BATにはどういった特徴があるのか解説しましょう。

次世代ブラウザであるBraveで扱われている

BATは次世代ブラウザであるBraveで用いることを前提とした仮想通貨です。Braveは、広告ブロック機能が標準装備されたブラウザとして登場しました。広告をブロックする代わりに別の広告をBraveが挿入していて、その収益はウェブサイトとBrave、ユーザー、広告代理店に分配されるというビジネスモデルが成立しているのです。その際にやり取りされる通貨として活用されています。

Braveは2015年に開発がスタートして2016年にリリースされました。2021年3月3日にはTailcatというオープン検索エンジンの買収を行っていて、今後は独自の検索エンジンとして「Brave Seach」を展開していく予定です。

Braveは余計な広告を表示せず控えめな広告を代わりに挿入します。これによって、安全な広告のみが掲載されるため安全性が高まっているのです。また、余計な広告が表示されなくなるためページの読み込み速度も上がります。このようなメリットがあることから、Braveは注目されていてシェアを伸ばしているのです。

ブラウザとしてはchromiumをベースにしています。他のブラウザでは拡張機能として広告ブロックがあるのですが、Braveの場合はそれが標準機能です。興味があるならば、ネット上で気軽にダウンロードしてインストールすることができます。日本語にも対応しているため特に困らないでしょう。

広告を閲覧するだけでBATを受け取れる

Braveはブラウザ上に広告を表示していて、これを閲覧するだけで通貨を取得することができます。広告を取得して収入が得られるという画期的なシステムを実現していて、ポイントを付与する仕組みとしてBATが使われています。将来的にはサービス料金の支払いやプレミアムコンテンツの利用などに活用できるようになると発表されています。

投げ銭に活用できる

現状、BATの活用法として主な用途は投げ銭があります。例えば、YouTubeの生配信を閲覧しているときに配信主を応援したくなったならば、BATで投げ銭ができるのです。あるいは、eスポーツの応援をしているときに投げ銭に活用することもできます。投げ銭をすることでそのジャンルの活性化に貢献できるでしょう。投げ銭のために便利に使える通貨として定着しています。

また、投げ銭に活用できるだけではなく、他の人に贈与することも可能です。現金を活用することなく直接他の人に贈与できるため便利に使われています。

今後、日本でも実用化されていく

今のところ日本ではBATはBATポイントとして受け取ることができます。投げ銭などに使うことはできるのですが、実店舗で利用したり、アマゾンギフト券を交換したりすることはできません。これは資金決済法による制約を受けているためです。海外では普通の通貨として利用できるのに日本ではまだそれができないため、この点には注意しましょう。

ただし、今後は利用できる範囲が広がることが予想されています。すでに日本の複数の取引所で扱われているため、これからは実用化が進むでしょう。

企業とのコラボなどが増えている

さまざまな企業と提携しているBraveでは拡張機能の一つとして投げ銭サービスが提供されています。最近では防弾少年団やEスポーツチームとの提携も実施されて投げ銭ができるようになっているのです

このように、今後はいろいろな企業とのコラボが増えていくでしょう。利便性の高い通貨として注目されているため、活用の場が広がっていきます。

ERC-20に準拠した通貨

BATはERC-20に準拠した通貨です。ERC-20とはスマートコントラクトの共通規格を指しています。共通規格としてERC-20が生まれたことによって、ERC-20に対応するだけで新規発行された仮想通貨はすぐに既存の仮想通貨取引所やウォレットで取り扱えるようになるのです。

BATはこのERC-20に準拠しているため、今後はさまざまなサービスとの連携を進めていくでしょう。共通規格にしたがって開発された通貨のため、既存のシステムとの連携をスムーズに進められるのです。

仮想通貨投資信託が提供されている

2021年3月にアメリカの最大手暗号資産投資企業であるグレースケールは5銘柄について仮想通貨投資信託を新たに提供することを発表しました。この5銘柄の一つとして選ばれているのがBATです。このように仮想通貨による投資信託は増えていて、世界各国で注目されています。今後はさらに多くの投資信託でBATが扱われる可能性が高いでしょう。これからは投資先としても重要な存在となります。

仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)【今後の将来性】

BATの今後の将来性を考える際にBraveは無視できない存在です。基本的にBrave上で扱われる仮想通貨として注目されています。したがって、今後Braveのユーザー数が増えれば価格変動に良い影響を与えるでしょう。Braveの利用者が増えるとユーザーに多くのBATが支払われていきます。流通量が増えていき、需要も高まっていけば、自然と価格も上昇するでしょう。

Braveは現時点で1,000万人以上のユーザーが利用するブラウザに成長しています。これまでにない画期的な広告モデルを採用していて、ユーザーにメリットがたくさんあるため、着実にユーザー数を増やしていきました。今後もさらにユーザー数が増える可能性は高いため、それに連動して通貨の価格も上がっていくでしょう

また、これからは使い道が増えると予想されます。海外ではすでに実店舗で使える通貨として定着しているのです。日本でも近い未来にそうなることは間違いないでしょう。日本でも普段の生活で利用できるようになれば、価格が上がるはずです。

仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)【おすすめの取引所】

BATの取引に対応している取引所で特におすすめできるのがコインチェックです。どうしておすすめできるのか、具体的に利点について紹介しましょう。

コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェックは、東証一部上場の企業が運営しているため信頼できる取引所です。国内の取引所の中でも扱っている通貨の数は最多で全部で17種類もの仮想通貨を取り扱っているため、他の通貨の取引をすることもできます。これからいろいろな通貨を扱いたい人におすすめです。

スマホアプリが提供されているため、いつでも取引をスマホのアプリ上で行えます。初心者でも利用しやすく設計されているため、初めて仮想通貨の取引をする人も安心です。アプリは直感的に扱えるようになっていて、すぐに利用の仕方をマスターできるでしょう。アプリは多機能であり、入出金管理だけではなく資産管理することもできます。多くの人にアプリは利用されていて、総ダウンロード数は300万を突破しているのです。

仮想通貨を積立投資に利用できるサービスも用意しています。サポート体制も整っていて、わからないことがあれば気軽に質問できてすぐに回答をもらえるのもメリットです。

このように多くのメリットがあるため、取引所選びに悩んだときにはコインチェックを利用してみましょう。

仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)に関するQ&A

BATに関してさまざまな疑問があるはずです。よくある質問に答えましょう。

仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)の今後の価格はどうなるのか?
2020年に複数の取引所に上場したためにBATの価格が上昇して40円台にまで上がりました。その後、2021年3月には80円台に達して、2021年4月になると140円にまで上昇しています。このように短期間で価格が急上昇している通貨です。価格上昇の要因の一つはビットコインやイーサリアムの上昇に影響されたことです。今後はbitFlyerと開発しているウォレットが完成する予定のため、そうなればさらに価格が急上昇するでしょう。
Braveの利点は?
BATが利用されているBraveはブラウザとしてさまざまな利点があります。開発者はFirefoxやJAVAscriptの生みの親であるブレンダンアイクです。次世代の高速ブラウザとして発表されたため、とても動作が軽くてスムーズに動きます。レンダリングスピードが圧倒的に優れていて、競合ブラウザと比較して2~8倍もの早さでページを読み込むとされています。ウェブ広告の画像や動画を読み込まないブラウザだからこそ軽いのです。

プライバシーに配慮しているのも特徴です。既存のブラウザのようにWEB広告から個人情報が流出するようなリスクはありません。

さらに、利用しているとBATが付与されるのも大きなメリットです。ネットサーフィンをしているだけのユーザーも通貨を受け取れます。

まとめ

仮想通貨のBAT(ベーシックアテンショントークン)についてまとめました。BATは、Braveというブラウザ上で扱うために開発されたユニークな通貨です。これまでにない新しいタイプの広告モデルを提唱しているブラウザで使われており、今後は実用的な通貨になる可能性を秘めています。

日本でも取扱量が増えていくと予想されるため、今のうちに注目しておくとよいでしょう。