仮想通貨・ビットコインの手数料を全50社で徹底比較【2021年10月最新版】

ビットコインを含む仮想通貨(暗号資産)を取引する上で、手数料はかなり重要です

  • 仮想通貨・ビットコインの手数料はどこの取引所が安いの?
  • おすすめの取引所はどこ?

このような疑問を抱いている方は多くいらっしゃるでしょう。

仮想通貨を取引するためには、様々な手数料が発生します。そのため仮想通貨投資を行うのであれば、なるべく手数料を安く抑えれる取引所で取引したいものですよね。

そこでこの記事では、仮想通貨取引歴10年以上となる管理人が、実際にあらゆる取引所を利用した経験をもとに、評判や口コミの良い仮想通貨取引所全50社の手数料を徹底比較してみました。

その結果判明した、手数料が安い仮想通貨取引所をランキング形式でまとめてみました

仮想通貨取引所全50社の手数料を徹底分析した上で、ランキング形式にまとめた手数料情報ページは、他のどのサイトを探してもここだけにしかないオリジナルの情報です。(※仮想通貨取引所50社の手数料情報の調査は、No.1の調査数です。)

サーチ
サーチ

結論から言うと、今おすすめなのはコインチェック(Coincheck)です。国内トップクラスの取り扱い銘柄数を誇るコインチェックは手数料が安いので、無駄なコストを抑えることができるでしょう。また、スマホアプリも非常に使いやすいため、すぐに使いこなすことができます。
コインチェックの手数料詳細ページはこちら

なお、仮想通貨取引所には、売買制限や緊急メンテンナンスが発生する場合もあります。そのような場合は、サービスを利用できなくなってしまうため、あらかじめ複数の仮想通貨取引所で口座を開設しておくことをおすすめします

そうすることで、突然トラブルが起きたとしても取引をすることが可能です。2、3社の仮想通貨取引所で口座を開設しておけば、まず問題ないでしょう。

それでは、仮想通貨・ビットコインの手数料ランキングをご紹介する前に、仮想通貨の手数料の種類や仮想通貨の手数料を比較する時のポイント、手数料を安くするコツなどから解説していきます。

このページを進めていくことで、ご自身にピッタリの仮想通貨取引所を選ぶことができるでしょう。

仮想通貨・ビットコインの手数料の種類

仮想通貨・ビットコインの取引をすると、いろいろな手数料がかかります。例えば、仮想通貨・ビットコインの売買をする時は、取引手数料とスプレッド(買いと売りの価格差)などがかかります。

ここからは、仮想通貨取引をする上でどのような手数料がかかるのか手数料の種類について解説していきます。仮想通貨の手数料について知らない方は、利益が出ても損しやすいかもしれないので、是非参考にしてください。

口座開設手数料

口座開設手数料とは、仮想通貨取引所で口座開設する際に発生する手数料になります。

国内の仮想通貨取引所では、口座開設手数料が発生するケースは少ないのですが、まれに手数料が発生する取引所もあるので、口座開設前に必ず確認するようにしましょう。

なお、この記事では、口座開設手数料が発生しない取引所のみをピックアップしているのでご安心ください。

日本円の入出金手数料

国内の仮想通貨取引所で取引をすると、日本円の入出金手数料がかかります。仮想通貨取引所によっては入金手数料が無料のところもありますが、有料の取引所だと専用口座に入金するだけでなく、出金する際も手数料が必要になります。

例えば、コインチェックは銀行振込なら入金手数料は無料ですが、出金は有料となります。このように、入出金手数料を方法によって有料にしている取引所もあるのです。一方で、手数料が一切発生しない取引所もあります。

そのため、仮想通貨取引所を利用するときは、手数料の有無と割引のある銀行を選んでください。

国内の主要仮想通貨取引所の入出金手数料は、以下の通りです。

【国内主要仮想通貨取引所の入出金手数料】

手数料名ビットフライヤーコインチェックDMM Bitcoin(DMMビットコイン)GMOコインSBIVCトレード
日本円の入金手数料  0円~330円0円0円0円0円
日本円の出金手数料  220円~770円 407円0円0円50円~250円

仮想通貨の送金手数料

仮想通貨取引所では、仮想通貨の送金手数料も発生します。例えば、コインチェックでビットコインを保有して、他の取引所に移動したら0.001ビットコインの送金手数料が必要です。

仮想通貨の送金時は、手数料の有無と無料になる仮想通貨がないかチェックしましょう。

国内の主要仮想通貨取引所のビットコイン送金手数料は、以下の通りです。

【国内の主要仮想通貨取引所のビットコイン送金手数料まとめ】

手数料名ビットフライヤーコインチェックDMM Bitcoin(DMMビットコイン)GMOコインSBIVCトレード
ビットコインの送金手数料0.0004 BTC0.001 BTC無料無料無料

取引手数料

仮想通貨取引所では、取引手数料がかかります。相場に応じた仮想通貨・ビットコインのコストに加え、取引自体の手数料にも料金がかかる仕組みです。

しかし、コインチェックのように取引しても手数料が無料のところもあります。有料のところもあるので、口座開設をする前に確認するようにしましょう。

国内の主要仮想通貨取引所の取引手数料は、以下の通りです。

【国内の主要仮想通貨取引所の取引手数料まとめ】

手数料名ビットフライヤーコインチェックDMM Bitcoin(DMMビットコイン)GMOコインSBIVCトレード
取引手数料0円0円0円
※BitMatch取引手数料を除く
0円0円

レバレッジ手数料

仮想通貨・ビットコインのレバレッジ手数料は、仮想通貨FXを行った場合発生する手数料になります。そのため、現物取引だけの仮想通貨取引所を検討している方は、この文章を飛ばしてください。

仮想通貨FXで必要なレバレッジ取引手数料は、エントリーしたら1日に1回の支払いがあります。つまり、1日あたりの維持手数料が発生するということです。

国内の主要仮想通貨取引所のレバレッジ手数料は、以下の通りです。

【国内の主要仮想通貨取引所のレバレッジ手数料まとめ】

手数料名ビットフライヤーDMM Bitcoin(DMMビットコイン)GMOコイン
レバレッジ手数料1日につき建玉金額0.04%のレバレッジ手数料1日につき建玉金額0.04%のレバレッジ手数料1日につき建玉金額0.04%のレバレッジ手数料

このように、レバレッジ取引手数料は、ビットフライヤー、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)、GMOコインで同じになることがわかりますね。

ただし、レバレッジ手数料の他にもスワップ手数料があります。スワップ手数料とは、ポジションを決済しないで、持ち越したら1日ごとに支払います。支払う金額は、ロットや仮想通貨の種類によって違うので、仮想通貨取引所の計算ツールでチェックしてください。

スキャルピングなどの短期取引で気になりませんが、デイトレードやスイングトレードなど中長期取引だと、手数料の負担が重いです。

スワップポイント狙いの長期取引をしたい方は、レバレッジ手数料の安い仮想通貨取引所を選んでください。

仮想通貨・ビットコインの手数料を比較する時のポイント

仮想通貨・ビットコインの手数料である口座開設手数料、入出金手数料、送金手数料、取引手数料、レバレッジ手数料を紹介しました。

これらの手数料は仮想通貨取引所によって違いますよね?そのため、ここからは仮想通貨・ビットコインの手数料を比較する時のポイントについて解説していきます。ポイントが分かれば、あなたに合った仮想通貨取引所が見つかるでしょう。

取引したい銘柄で取引手数料を比較

仮想通貨・ビットコインによって手数料の割安・割高なものがあるため、取引したい仮想通貨・ビットコインの取引手数料をあらかじめチェックしておくことが大事です。

各仮想通貨取引所の公式ホームページを確認して、取引手数料を比較してください。例えば、ビットフライヤーの現物取引に、リップル日本円とイーサリアムビットコインがありますが、以下のような手数料の差があります。

【ビットフライヤー現物取引のリップル日本円とイーサリアムビットコインの手数料】

手数料名リップル日本円イーサリアムビットコイン
取引手数料ロット数×0.01 ~ 0.15%ロット数× 0.2%

メジャーな銘柄であるのリップル日本円は、取引手数料が安いですね。仮想通貨取引所によりますが、取引量の多い仮想通貨は取引手数料が安いか、無料の場合が多いでしょう。

提携銀行先で比較する

仮想通貨・ビットコインの手数料を比較するには、割引のある銀行を知りましょう。各仮想通貨取引所では、提携先の銀行で入出金をすると、手数料の割引や無料になります。

このような銀行を利用すれば、余計な手数料を支払わなくて済みます。割引のある銀行の口座開設ができない方は、入出金手数料が無料のDMM Bitcoin(DMMビットコイン)やGMOコインの口座開設がおすすめです。

各仮想通貨取引所の優遇先銀行リストは、以下の通りです。

【各仮想通貨取引所の優遇先銀行リストまとめ】

項目ビットフライヤーコインチェックDMM Bitcoin(DMMビットコイン)GMOコインSBIVCトレード
優遇先の銀行と内容住信SBIネット銀行 三井住友銀行住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネットは、振込手数料が無料(コインチェックの振込先のため)特になし特になし住信SBIネット銀行だと、出金手数料が一律50円

入金については、振込先の無料回数多いネット銀行(SBJ銀行など)を利用すると、手数料を節約できます。

スプレッドの狭さで比較する

仮想通貨・ビットコインの手数料を節約したい方は、スプレッドの狭さで比較しましょう。なぜなら、取引手数料や入出金手数料のように分かりやすいものではなく、仮想通貨取引所や銘柄の種類によって違います。

今回は、ビットコインのスプレッドを比較しました。

【仮想通貨取引所のスプレッド比較まとめ】

項目ビットフライヤーコインチェックDMM Bitcoin(DMMビットコイン)GMOコインSBIVCトレード
取引所 0.16%0.05%なし0.11%なし
販売所2.34%4.3%2.69%2.0%1.99%

取引所であれば、コインチェックがいいでしょう。販売所ならSBIVCトレードのスプレッドが狭いです。しかし、時間帯やイベントによりスプレッドが変動するので、参考程度にしてください。

仮想通貨・ビットコインの手数料を安く抑えるコツ

仮想通貨・ビットコインの手数料を節約したい方は、以下のポイントをおさえましょう。

取引や入出金の回数をおさえる

仮想通貨・ビットコインの手数料を節約するには、取引や入出金の回数を減らしてください。例えば、出金手数料のかかる仮想通貨取引所を利用している人は、まとめて出金すれば手数料の節約ができます。

利益をこまめに出金したい気持ちもわかりますが、出金せずに新しい口座を作成して、資金を移動しましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のような複数の口座開設ができない場合もあるので、注意してください。

取引所タイプで現物取引を行う

仮想通貨・ビットコインの手数料を節約するには、仮想通貨取引所を選んでください。販売所しかない仮想通貨取引所は、スプレッドが広いです。

取引所は、ユーザー同士の取引になるのでスプレッドが狭いです。スーパーの割引みたいにタイミングがよければ、お得な取引もできるでしょう。

現物取引にすれば、レバレッジ取引のような口座資金以上の損失もありません。

手数料のかからない仮想通貨取引所を利用する

手数料を安くするには、手数料のかからない仮想通貨取引所を選んでください。手数料の少ない仮想通貨取引所を選べば、ユーザーの負担も減ります。

例えば、GMOコインとDMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、入金手数料が無料なので資金の移動がしやすいでしょう。手数料のかかる仮想通貨取引所を選ぶと、入金手数料をおさえるなど工夫が必要です。

仮想通貨・ビットコインの手数料比較ランキングTOP3

ここまでで、仮想通貨・ビットコインの概要について解説してきました。ここからは、お待ちかねの「仮想通貨・ビットコインの手数料比較ランキングTOP3」を発表していきます。

評判や口コミの良い仮想通貨取引所全50社の手数料を徹底比較した結果、おすすめの取引所を上位TOP3にまとめました。なお、手数料比較ランキングの基準ですが、単純に手数料が安いだけではなく、会社の安全性や信頼性・サービスの内容なども加味した上での総合ランキングとなっています。

ただし、手数料の安さがランキング査定の相当大きなウエイトを占めているのは間違いありません。

順位仮想通貨取引所入金手数料取引手数料出金手数料送金手数料解説公式
1位コインチェック銀行振込:無料無料407円0.001BTC詳細公式
2位DMM Bitcoin(DMMビットコイン)無料無料
※BitMatch取引手数料を除く
無料無料詳細公式
3位GMOコイン無料販売所:無料
取引所:Maker -0.01%
    Taker 0.05%
無料無料詳細公式

※入金手数料・出金手数料は日本円での税込み手数料となっています。
※取引手数料は、現物取引の手数料です。
※送金手数料はビットコイン(BTC)を基準とした時の手数料になります。

仮想通貨・ビットコイン 手数料比較第1位 コインチェック(Coincheck)

取り扱い銘柄数17種類
ビットコイン(BTC) / イーサリアム(ETH) / リップル(XRP) / ビットコインキャッシュ(BCH) / ライトコイン(LTC) / ネム(XEM) / イーサリアムクラシック(ETC) / リスク(LSK) / モナコイン(MONA) / ファクトム(FCT) / ステラルーメン(XLM) / クアンタム(QTUM) / ベーシックアテンショントークン(BAT) / インターネットオブサービストークン(IOST) / エンジンコイン(ENJ) / オーエムジー(OMG) / パレットトークン(PLT)
現物取引:取引手数料Maker:0%
Taker:0%
入出金手数料入金手数料:銀行振込は無料
出金手数料:407円
提供サービス最大年率5%の貸仮想通貨サービス
Coincheckつみたて

コインチェックは、マネックスグループの仮想通貨専門の仮想通貨取引所になります。そのため、マネックスグループの金融業に関するノウハウを活用した経営体制のもと運営しています。大企業のグループ会社であることから、信頼性や安全性が高いので、多くの方におすすめできます

手数料も他社と比べて安いため、無駄なコストを抑えて取引することが可能です。また、注文画面も見やすいため、これから初めて仮想通貨・ビットコイン投資をする方にとっても非常にわかりやすい仕様になっています。

さらに取り扱い銘柄数も国内トップクラスなので、様々な仮想通貨を取引することができます。多くの仮想通貨を取引できるということは、それだけ仮想通貨取引のチャンスも広がるということになります。

その他にも、ユーザーが保有する仮想通貨を一定期間貸し出して金利を得る「最大年率5%の貸仮想通貨サービス」や積立が可能な「Coincheckつみたて」を提供しています。これらのサービスを利用できるのはコインチェックだけです!

以上のことからコインチェックは初心者の方にはもちろん、プロの方にも非常におすすめです

そんなコインチェックの評判について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

コインチェック(Coincheck)の評判 コインチェック(Coincheck)の評判や口コミを徹底調査!判明した3個のデメリットと7個のメリット【2021年最新版】

仮想通貨・ビットコイン 手数料比較第2位 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

取り扱い銘柄数12種類
ビットコイン(BTC) / イーサリアム(ETH) / リップル(XRP) / ネム(NEM) / ベーシックアテンショントークン(BAT) / モナコイン(MONA) / ステラルーメン(XLM) / ライトコイン(LTC) / クアンタム(QTUM) / イーサリアムクラシック(ETC) / ビットコインキャッシュ(BCH) / オーエムジー(OMG)
現物取引:取引手数料無料
※BitMatch取引手数料を除く
入出金手数料無料
レバレッジ取引
※最大レバレッジ2倍
BTC/JPY・ETH/JPY・XRP/JPY・BAT/JPY・QTUM/JPY・XLM/JPY・MONA/JPY・XEM/JPY・LTC/JPY・ETC/JPY・BCH/JPY・ETH/BTC・XRP/BTC・XEM/BTC・LTC/BTC・ETC/BTC・BCH/BTC・ETC/ETH・OMG/JPY

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、DMM.comの子会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。DMMグループは10年近く金融業に携わっている実績もあるため、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)もグループ会社の金融ノウハウを活用した運営が行われています。そのため、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の安全性や信頼性は高いと言えるでしょう

そんなDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の仮想通貨・ビットコインにおける手数料は、入金手数料・取引手数料・出金手数料・送金手数料が全て無料となっています。ただし、BitMatchを利用した取引の際は、別途BitMatch取引手数料が発生します。

BitMatchとは、販売所で提示される買値と売値の仲値(ミッド)価格で取引が成立する注文方法のことをいいます。利用条件として、発注から30秒以内に顧客の注文がマッチングすることが必須となります。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、コインチェックのようにサービスは充実していません。しかし、サービスが充実していなくても手数料が安い取引所を利用したいという方にはおすすめです

そんなDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

DMMビットコイン(DMMBitcoin)の評判 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判や口コミを独自調査!メリット・デメリットを発表【2021年最新版】

仮想通貨・ビットコイン 手数料比較第3位 GMOコイン

取り扱い銘柄数9種類
ビットコイン(BTC) / イーサリアム(ETH) / リップル(XRP) / ネム(NEM) / ステラルーメン(XLM) / ライトコイン(LTC) / ビットコインキャッシュ(BCH) / ベーシックアテンショントークン(BAT) / オーエムジー(OMG)
現物取引:取引手数料メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
入出金手数料無料
レバレッジ取引ビットコイン・イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・ネム・ステラルーメン・ビットコインキャッシュ・オーエムジー

GMOコインは、GMOインターネットの子会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMOクリック証券などもグループ会社となっているため、金融サービスの提供実績をもっています。そのため、GMOコインにおいてもグループ会社の金融ノウハウを活用した運営が行われています

GMOコインでは取り扱い銘柄数は少ないですが、その分仮想通貨・ビットコインにおける手数料も安く抑えれることができます。

GMOコインで特筆すべきは取引手数料になります。指値注文(取引所で希望価格を決める)を行うと、手数料がマイナスになる場合があります。お得な取引手数料をはじめ、このような魅力的なサービス内容がGMOコインの特徴になります。

そんなGMOコインの評判について詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

GMOコインの評判や口コミ GMOコインの評判や口コミを徹底調査!利用者のリアルな評判を大公開【2021年最新版】

仮想通貨・ビットコインの手数料に関するQ&A

仮想通貨・ビットコインの手数料が安いのはどこ?
はい、仮想通貨・ビットコインの手数料が安い取引所は、コインチェック・DMM Bitcoin(DMMビットコイン)・GMOコインになります。特に手数料が安いだけでなく、総合的なバランスが良い仮想通貨取引所はコインチェックです。

まとめ

ここまでで、仮想通貨・ビットコインの手数料の概要や手数料が安いおすすめの仮想通貨取引所を解説してきました。

仮想通貨・ビットコインの投資を始めるのであれば、なるべく手数料を安く抑えることが大事です。また、手数料が安いことに加えて会社の信用性・サービスなど総合的に判断しましょう。

特に、コインチェックやDMM Bitcoin(DMMビットコイン)、GMOコインはおすすめです。これらの取引所であれば、無駄なコストを抑えて有利に取引することができるでしょう。

3社の中で迷われた方は、コインチェックを選びましょう。提供しているサービスが充実しており、アプリもかなり使いやすいです。

この機会に、手数料が安いコインチェックで口座開設してみてははいかがでしょうか。