仮想通貨のリスク(LSK/Lisk)を徹底解説!特徴や今後の将来性&おすすめの取引所について

2021年2月にビットコインの価格が一時600万円を超えるなど、ここ最近、仮想通貨界隈が盛り上がってますね。

そんな仮想通貨は、国内だけでも銘柄が十数種類もあります。仮想通貨を始めるからには、将来性のある、今後高騰する可能性のある通貨を買いたいですよね?

数ある仮想通貨の中で、リスクは2021年に入ってから、価格が約3.6倍になっております。そのため、将来性があり、今後高騰する可能性のある仮想通貨と言えるでしょう

今回は、仮想通貨のリスクについて、下記項目に沿って徹底解説します。リスクの購入の参考にしていただければ、幸いです。

  • 仮想通貨のリスクとは?
  • 仮想通貨の特徴
  • 仮想通貨のリスクは高騰中?
  • 仮想通貨のリスク【今後の将来性】
  • 仮想通貨のリスク【おすすめの取引所】

それでは、それぞれの項目について見ていきましょう!

仮想通貨(LSK/Lisk)のリスクとは?

リスクは、2016年に分散型アプリケーション構築のため、Max Kordek氏と Oliver Beddows氏が開発したプラットフォームのことです。このプラットフォーム内で利用される仮想通貨もリスクと呼ばれております。

分散型アプリケーションとは、ブロックチェーンを使用した、中央管理者が存在しなくても稼働するアプリケーションのことです。別名Dappsとも呼ばれております。

仮想通貨(LSK/Lisk)のリスクの特徴

仮想通貨のリスクには、さまざまな特徴があります。今回はリスクについて主な下記3つの特徴を解説します。

  • 発行枚数に上限がない
  • 未完成なブロックチェーン
  • 仮想通貨のリスクはステーキングサービスの対象【一部】

それでは、一つずつ見ていきましょう。

発行枚数に上限がない

リスクには発行枚数に上限がないという特徴があります

仮想通貨といえば、ビットコインを思い浮かべる人もいるでしょう。ビットコインは発行枚数が2100万枚までと決まっておりますが、リスクは発行上限がありません。

そのため、現在も新規通貨が発行されております。

ここで、「発行枚数に上限がないなら、発行し続けたらどうなるの?」という疑問が生まれるでしょう。

発行枚数に上限がないという特徴ですが、皆さんの身近なものにもあります。

それは、「日本円」などの法定通貨です。そのため、仮想通貨のリスクをお金に置き換えると想像がつくでしょう。国がお金を発行し続けたら、インフレを起こします。極端な話で言いますと、ペットボトル1本、1万円ということにもなりかねないですよね?

仮想通貨のリスクも同様に発行し続けた場合、1枚あたりの価値が下げることにつながります。

未完成なブロックチェーン

リスクは、2016年上場されて以降、現在も開発が進められている未完成なブロックチェーンです。リスクは性能の目標として二つ掲げております。

一つ目は「スマートコントラクトの採用」です。スマートコントラクトとは契約内容と、実行するための条件を、事前に設定したプログラムによって自動で実行される仕組みです。

また、スマートコントラクトは、今まで必要であった仲介者が不要になります。このスマートコントラクトがリスクに実装されれば、各種契約を必要とする場面で活躍することが分かることかと思います。そうなれば、ますますリスクの価値が高まりますね

二つ目は「サイドチェーンの採用」になります。サイドチェーンとは、仮想通貨の機能を拡張させることができる技術です。サイドチェーンをつなげることで、セキュリティや処理能力を向上させることができます。そのため、リスクにサイドチェーンが採用されれば、より安全で利便性の高い仮想通貨になりますね。

仮想通貨のリスク(LSK/Lisk)はステーキングサービスの対象【一部】

仮想通貨のリスクは、ステーキングサービスの対象となっております。ステーキングサービスとは、対象の仮想通貨を保有している方に対して、ブロックチェーンのネットワークに参加して、得られた報酬の一部を分配するサービスのことです。

つまり、仮想通貨を保有し続けることで利益を得られるということになります。売却益だけでなく、保有しているだけで利益をもらえるのは嬉しいですよね。まさに銀行の預金金利に近いでしょう。

しかし、ステーキングサービスは、リスクを取り扱っている国内取引所の全てで、提供されているサービスではありません。現在、ステーキングサービスを提供している国内取引所は、コインチェックとビットフライヤーの2社のみです。

両社ともステーキングサービスは、1日平均で10LSK以上保有することが条件となっております。そのため、1日平均10LSK以上保有し続けることで、利益を得ることができるのです。ステーキングサービスは、できるだけ損しないで利益を得たいという方にはおすすめでしょう。

仮想通貨のリスク(LSK/Lisk)は高騰中?

価格が高騰した時期は大きく2回ほどあります。1回目は、「仮想通貨バブル」とメディアでも話題になっていた、2017年中旬ごろから2018年2月にかけてです。

上場後、一時的に400円台でしたが、その後50円台となり、大きな動きはありませんでした。しかし、2017年中旬ごろには上昇していき、2018年の2月には3300円台となり高騰しております。

2回目については、2021年の2月ごろからです。冒頭部分でも触れましたが、現在仮想通貨は盛り上がっており、様々な通貨が高騰を見せています

リスクも例外ではありません。

特に2月上旬より強い上昇トレンドを形成しております。2021年1月末から2月にかけて、最大約3.6倍の上昇をしております

高騰した原因としては、仮想通貨界隈の盛り上がりに加え、ビットフライヤーが2021年の2月にリスクを対象としたステーキングサービスを始めたことでしょう。

仮想通貨のリスク(LSK/Lisk)【今後の将来性】

今後、リスクはイーサリアムと同様の分散型プラットフォームとして機能する可能性もあるため、将来性に魅力のある仮想通貨です

しかし、特徴でも説明をしたとおり、リスクは未完成なブロックチェーンです。また、2021年2月時点のリスクの時価総額は、ランキングで見ると97位と地位も不完全です。リスクは、未完成であること、地位が不完全であるという大きく二つの懸念点があるため、今後の予想が非常に難しいです。

ただ、このような懸念点があるにもかかわらず、リスクの価格が約3.6倍にも上がっています。そのため、将来性に期待している投資家が多いです。

リスクの開発が完成し、地位が完全なものになれば、価格は上昇していくというのは想像できますね。また、リスクを活用した分散型アプリケーションや国内でリスクを取り扱う取引所が増えれば、さらなる価格上昇も望めます

懸念点はありますが、価格の上昇につながる要素も多いため、将来性のある仮想通貨の一つと言えるのではないのでしょうか。

仮想通貨のリスク(LSK/Lisk)【おすすめの取引所】

国内取引所で仮想通貨のリスクを取り扱っているのは、コインチェック、ビットブライヤー、GMOコインの3社のみとなります。その中でも、ステーキングサービスを提供している下記2社がおすすめです。

  • コインチェック(Coincheck)
  • ビットフライヤー(bitFlyer)

コインチェック(Coincheck)

コインチェックの特徴といえば、初心者にも分かりやすい仕様になっているため、初めて仮想通貨取引をされる方に、おすすめの取引所です

また、通常、仮想通貨を送金する際、仮想通貨に応じた手数料が発生します。しかし、コインチェックユーザー内での送金手数料は無料です。そのため、コインチェックのユーザー同士で、仮想通貨の送金・受取をされる方にもおすすめです。

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤーの特徴は安全性が高いことです。こだわりのあるセキュリティシステムを構築しており、セキュリティ面で世界トップレベルの評価を受けているのです。

また、ビットフライヤーはビットコインの取引量が国内最大級を誇っております。他の取引所と比べて、活発に取引が行われているため、より円滑にビットコインの取引を行うことができます。

仮想通貨のリスク(LSK/Lisk)に関するQ&A

ここまで仮想通貨のリスクについて、特徴や将来性について、解説してきました。ここでは、仮想通貨のリスクの半減期についてのQ&Aを紹介します。

Q.仮想通貨のリスク(LSK/Lisk)に半減期はある?

半減期とは、仮想通貨の取引の検証や承認をするマイニングの際に得られる報酬が減額されることです。半減期は仮想通貨によってあるものとないものがありますが、リスクには半減期はあります。リスクは下記のとおり、毎年1ブロックあたりの新規発行枚数が減ってきております。

  • 2017年 – 5LSK → 4LSK
  • 2018年 – 4LSK → 3LSK
  • 2019年 – 3LSK → 2LSK
  • 2020年 – 2LSK → 1LSK
  • 2020年10月以降については1LSKで固定となります。

リスクの特徴の発行枚数のところでも触れましたが、リスクを発行し続ければ、インフレが起こり、価値が下がってきます。そのため、発行する枚数が減っていけば、インフレが起こりにくくなり、価値も下がりにくくなります。

まとめ

今回は仮想通貨のリスクについて解説しました。リスクはまだまだ未完成な仮想通貨です。しかし、リスクには様々な魅力的な点があるのが分かったかと思います。

魅力的な点を挙げれば、大きく二つでしょう。

一つ目は、リスクのステーキングサービスの対象であることです。10LSK以上保有し続けることで、利益を得ることができるのは魅力的ですよね。

二つ目は、2017年から2018年にかけては約66倍、2021年には価格が約3.6倍とと高騰したことです。未完成な仮想通貨であるのにも関わらず、高騰しておりますので、今後の開発に注目ですね。

リスクの開発が完成すれば、さらなる価格上昇が期待できます

今回の記事を読んで、リスクが将来性のある仮想通貨だということが分かったのではないのでしょうか。

そんな将来性のあるリスクは、ステーキングサービスを提供しているコインチェックまたはビットフライヤーで購入することをおすすめします。