DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方を総まとめ!チャート画面&スマホアプリの使い方について

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の使い方

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、仮想通貨(暗号資産)を取引できる人気取引所です。

  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方がわからない
  • どうやったら使いこなせる?

そんなDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方について、このように思われている方もいらっしゃるでしょう。特に、初心者の方だと使い方がわからないと困ってしまいますよね。

そこでこの記事では、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方について総まとめにしてみました。入金から出金の流れやチャート画面・スマホアプリの使い方に関して詳しくご紹介していきます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方について少しでも興味がある方は是非参考にしてみてください。それでは、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方を解説する前に、まずはDMM Bitcoin(DMMビットコイン)とはそもそも何かをご紹介します。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは?

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは、2018年にオープンした仮想通貨(暗号資産)取引所になります。DMMは誰もが一度は聞いたことがあるであろう大手企業が運営している為、信頼度が高く、取引所の中でも最も注目されている取引所と言っても過言ではありません。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本的な情報は、「全暗号資産のレバレッジ取引が可能」「使いやすい取引ツール」「365日の充実したサポート体制」「アルトコインのレバレッジ取引ならナンバー1!」などがあげられます。

アルトコインのレバレッジ取引は国内トップクラスで、主要暗号資産の現物取引はもちろんのこと、XEM(ネム)・LTC(ライトコイン)・ETC(イーサリアムクラシック)などのその他の国内取引所では取り扱えないようなアルトコインのレバレッジ取引が可能なことも、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴です

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口座開設方法

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で仮想通貨(暗号資産)取引を行う場合は、まず口座開設をしなければいけません。一般的な銀行口座では取引することはできませんので、間違えないようにしましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本的な口座開設の流れは以下の通りになります。

  1. メールアドレスを登録し、取引をおこなう為のマイページを開設
  2. 基本情報(名前や住所など)を入力
  3. 本人確認書類を提出
  4. 携帯電話認証を行う
  5. ログイン情報を利用してマイページにログイン

基本的には上記の内容で約2日以内で口座開設をすることができます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方は基本的に「登録・口座開設」「入金」「振替」「取引」「出庫」になります。
それぞれ詳しくご説明していきます。

入金や仮想通貨(暗号資産)の入庫

登録・口座開設後、マイページから「入金・入庫」をクリックし、「クイック入金」か「銀行振込」のどちらかを選択しましょう。銀行振込を選択すると振込先の銀行口座情報が表示される貯め、表示されている自分の振込先口座を確認し、口座に入金しましょう。

クイック入金の場合も同様に画面に指示されますので、指示に従ってクイック入金手続きを進めましょう。入金する際は、自分の振込先の金融機関を選択し、口座情報を入力すると「入金手続きを開始する」ボタンが表示されますので、そのボタンをクリックし入金に進みます。

口座へ資産の振替

暗号資産の入金も日本円の入金と同様に「入金・出庫」をクリックし、「BTC入庫」「ETH入庫」「XRP入庫」のどれかを選択し、クリックしましょう。

暗号資産を出金するときは、確認メールが登録しているアドレスに送信されますので、確認メールが届いたらメールに添付されているURLをチェックするようにしましょう。

口座へログイン

口座開設・登録終了後、メールに添付されているURLを開くとログインパスワードの設定画面が表示されますので、パスワードを入力して設定してください。

マイページにログインし、本人確認を済ませることで日本円や暗号資産の入出金ができるようになります。その後、「本口座登録」をし、名前や性別、生年月日などを入力し、申し込みボタンをクリックして本人確認書類を提出しましょう。

アカウント登録が完了すると、DMMから書類が郵送されますので、書類に記載されている「認証コード」をマイページから入力し、手続きを完了してください。全ての手続きが完了すると、取引可能状態になります。

取引開始

登録作業が一通り終わりましたらすぐにでも取引可能状態になります。
DMMでの5つの現物取引の注文方法を紹介します。

ストリーミング注文

現物取引やレバレッジ取引で一番メジャーな注文方法です。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)が提示しているレートに沿って売買する注文方法のことで、ボタン一つで簡単に取引することができます。

指値注文

指値注文は株取引などでよく用いられる注文方法ですが、簡単に説明すると、「自分で指定した金額で売買する注文方法」のことを指します。

指値注文は他の取引と比べると上級者向けですが、上手く使いこなすことができれば、比較的簡単に利益を得ることができるため、おすすめの取引方法の一つです

逆指値注文

先ほどの指値注文とは異なり、逆指値注文では、取引する価格の範囲を設定することができます。

OCO注文(ブラケット注文)

OCO注文とは、一度に2つのタイプの注文を行い、一方が決定したら自然ともう一方の方は自動的にキャンセルされる注文方法になります。

BitMatch注文

こちらの注文方法はDMM Bitcoin(DMMビットコイン)と新しい注文方法になります。発注から30秒以内にユーザー間でマッチングが成立すれば、通常の取引よりも手数料が安くなるため、お得に取引することができます。

しかし、30秒以内にマッチングしないと通常の注文豪用に取引処理が行われてしまうため、注意が必要になります。

出金や仮想通貨(暗号資産)の出庫

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の出金方法は簡単に行うことができます。

まずはマイページにログイン後メニューボタンから「出金・出庫」ボタンをクリックし、その後「日本円出金」をクリックするだけで出金することができます。出庫する際も同様の手順で行い、認証コードを入力後「出庫する」をクリックすると暗号資産の出金が完了します。

出金する際の注意点ですが、出金されるまでの反映時間があり、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では毎週水曜日の12時から18時にメンテナンスを行っていますので、出金する際はこの時間帯を避けて出金すると良いでしょう

暗号資産の受け取り方法はQRコードを介して他の取引所やウォレットから入金することができます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方【チャート画面】

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取引をおこなう場合は、マイページの注文画面で注文内容を自分で設定し、数値を入力する方法があります。

DMMのチャート画面は非常に多能な注文画面になっている為、慣れている人にはとても使いやすい作りになっていますが、初心者や初めてチャット画面を開く際には、とても難しくて頭を悩ませる人も少なくありません。そのため、DMMのチャート画面の見方や注文画面の使い方などを詳しくご説明していきます。

まずは、取引画面からチャート画面に移動してみましょう!取引画面の左側にある「チャート起動」欄をクリックするとチャート画面が表示されます。

チャート画面を開くと、上部に様々なボタンがでてきますが、そちらのボタンのどれかを押したからと言ってすぐに取引開始するわけではありませんので、安心してください。

ボタンの種類は様々ありますが、基本的にはチャート画面を見やすくするために全画面表示するボタンや「現物とレバレッジ全ての取引可能銘柄を選択できる」「買いと売りの切り替え」などになります。基本的には取引に慣れてくると全てのボタンを使いこなす必要がありますので、実際に動かしながら少しずつ慣れていきましょう

取引画面の左側には「注文画面」もあります。この取引画面からは注文数量の入力や取引銘柄の切り替え、上記で紹介した注文方法の選択など全て「注文画面」から行うことができます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方【スマホアプリ】

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では、取引所から公式のスマホアプリがリリースされています。この公式のアプリを利用することで、外出先からでも簡単に取引所にアクセスすることができ、簡単に取引内容などを確認することができます。スマホアプリのダウンロードも簡単に行えますので、メニュー画面の見方などを詳しく紹介していきます。

アプリの検索ボックスに「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」と入力し、入手ボタンをタップするだけでインストール完了です。インストールが完了しましたら、パスワードなどを入力し、すぐにログインすることができます。公式のスマホアプリから日本円を入金する場合はアプリ上の「入出金」をタップし、「クイック入金」か「銀行振込」を選択し、タップします。

すると、新規画面に操作方法の指示がでてきますので、支持通りに従って入金手続きを進めましょう。基本的にはブラウザ上でもアプリ上でも手順は一緒になります。暗号資産の入金方法も簡単で、アプリ上の「入出金」をタップし、「BTC入庫」か「ETH入庫」を選択し、タップするだけになります。

次に、取引方法ですが、スマホアプリのメニュー画面にある、「トレード」をタップするとトレード画面が表示されます。表示されましたら、「注文設定」をタップし、自分のしたい注文方法を選択し、「買い」か「売り」ボタンをタップし、メニュー画面にあるポジションに注文が表示されれば取引完了となります。

日本円の出金方法も簡単に行うことができ、メニュー画面の「入出金」をタップし、「日本円出金依頼」をタップして指示通りに手続きを行うと出金完了となります。

仮想通貨(暗号資産)も日本円の出金方法と基本的にはほとんど一緒になっており、メニュー画面の「入出金」をタップし、「BTCの出庫」「ETHの出庫」「XPRの出庫」のどれかを選択することで、仮想通貨(暗号資産)を出庫することができます。仮想通貨(暗号資産)を出金する際は出金先の入金アドレスを間違えて入力してしまうと、上手く出金することができなくなりますので、入金アドレスを入力する際は、コピー&ペーストするのが一番良いでしょう

まとめ

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)ではアルトコインのレバレッジ取引を行えることが特徴ですが、他と比べると高レバレッジはリスクが高くなりますので、注意が必要になります。そのため、しっかり知識をつけた上で取引を行いましょう。

取引の流れは簡単にまとめると「入金・注文・出金」の3段階になっており、比較的簡単に取引することができます。パソコンでもスマホでも簡単にできますので、まずは登録や口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。