GMOコインの手数料は高い?安く済ませるコツ&他社比較について

GMOコインの手数料

GMOコインで仮想通貨取引し、効率良く資産を増やしていく上で、コストとしてかかる手数料はなるべく安く済ませたいもの。

  • GMOコインの手数料ってどんな種類があるの?
  • GMOコインでの取引で発生する手数料っていくら?
  • GMOコインの手数料を安く済ませる方法ってあるの?

GMOコインの手数料について、気になっている方が多いのではないでしょうか。

仮想通貨取引所でかかる手数料は種類が多く、どの手数料がいくらなのかわかりづらいという方が多いはず。この先、仮想通貨取引をしていくのであれば、手数料について詳しく知っておくことが重要になってきます。

この記事では、GMOコインの手数料の種類や価格について解説していきます。また、GMOコインの手数料を安く済ませるコツや他社との比較についても併せて解説します。

この記事を最後までご覧になることで、GMOコインで仮想通貨取引をする際に必要な手数料や取引コストを抑えて取引できる方法を知り、日々の仮想通貨取引に役立てることができます。

GMOコインの手数料【全種類】

GMOコインの手数料は全部で9種類あります。この9種類の手数料を大きく分けると3つに分類することができるので、3パターンに分類分けしたすべての手数料について解説していきます。

日本円を入出金するときにかかる手数料

GMOコインで日本円を入出金するときにかかる手数料は、即時入金・振込入金・出金手数料の3種類です。仮想通貨取引を始める第一歩が日本円の入金。これらの手数料について詳しく解説いたします。

種類金額
即時入金無料
振込入金無料(銀行振込手数料は自己負担)
出金無料

即時入金手数料

GMOコインでは、

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • Pay-easy(三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・みずほ銀行・埼玉りそな銀行)

上記、金融機関口座をお持ちの方は、24時間365日いつでも(メンテナンス時を除く)即時入金が無料でできます。

「今すぐ取引がしたい!」と思い立ったとき、入金してすぐに取引が始められて、なおかつ手数料は無料なので非常にありがたいサービスです。

即時入金可能な金融機関であっても、「即時入金」ではなく「振込入金」を選択してしまうと、金融機関からの振込手数料がかかってしまいます。ご自身が口座をお持ちの金融機関が、即時入金可能な金融機関かどうか必ず確かめてから、手続きを行いましょう。

振込手数料

金融機関の指定はなく、お持ちの金融機関口座からGMOコインの口座へ無料で入金することができます。ただし、金融機関側で振込手数料が発生した場合は自己負担となります。

出金手数料

GMOコインは、無料で出金ができます。そのため、少額の場合でも、手数料を気にせず何度でも出金可能です。

仮想通貨(暗号資産)取引をするときにかかる手数料

GMOコインで仮想通貨取引をするときにかかる手数料は、販売所・取引所(現物取引)・取引所(レバレッジ取引)・仮想通貨FXの取引手数料の4種類です。取引所(レバレッジ取引)と暗号資産FXの場合、別途必要になる手数料が発生するので、こちらも併せて解説いたします。

種類金額
取引手数料(販売所)無料 ※取引時、スプレッドが発生する
取引手数料(取引所/現物取引)Maker-0.01% Taker0.05%
取引手数料(取引所/レバレッジ取引)無料(別途下記手数料がかかる) ロスカット手数料:建玉ごとに0.5% レバレッジ手数料:建玉ごとに0.04%/日
取引手数料(仮想通貨FX)無料(別途下記手数料がかかる) ロスカット手数料:無料 レバレッジ手数料:建玉ごとに0.04%/日

取引手数料(販売所)

GMOコインは、販売所での取引手数料は無料です

ただし、販売所での取引の場合、スプレッドが発生するため、実質的にはこのスプレッドが手数料にあたります。スプレッドとは、売値(Bid)と買値(Ask)の価格差のことを指します。スプレッドの大きさは各取引所によって異なりますが、取引量が急増したり価格変動があった場合、スプレッドが広がる取引所が多いです。

取引手数料(取引所・現物取引)

GMOコインは、取引所で現物取引をする場合、Makeには-0.01%、Takerには0.05%の取引手数料が発生します。

Makerは-0.01%となっており、Makerとなったユーザーは、約定金額に応じた日本円「マイナス手数料」を受け取れる仕組みになっています。この手数料を「支払う」のではなく「受け取れる」サービスは、国内取引所でGMOコインが1番初めに導入しました。マイナス手数料サービスを有効活用し、戦略立ててお得に取引することができます。

また、GMOコインでは、Makerとなったユーザーが、確実にマイナス手数料を受け取ることができるよう導入された、国内では珍しい「Post-Only」という機能があります。

「Post-Only」とは、指値注文で利用できるオプションで、Takerの注文は取り消しされ、Makerの注文だけが発注できるようになります。「Makerだけ」とあらかじめ決めている場合は、Post-Onlyを設定しっぱなしで取引しているというユーザーも多いようです。

GMOコインで、取引所の現物取引をする際は、Post-Onlyを使って確実にマイナス手数料を受け取りましょう。

取引手数料(取引所・レバレッジ取引)

GMOコインは、取引所でのレバレッジ取引手数料は無料です。ただし、別途ロスカット手数料とレバレッジ手数料が発生します。

ロスカットとは、レバレッジ取引で損失が発生した場合に、取引所ごとに定められている一定の損失額まで到達すると取引が強制終了し、損失が無限に増えていくことを防ぐ仕組みのことです。GMOコインの場合、証拠金維持率が30%を下回った場合、ロスカットが発生するようになっています

レバレッジ取引とは、保有する資金を証拠金として口座に預け、それを担保に証拠金の何倍もの金額を取引できる仕組みのことです。また、レバレッジ手数料は、朝6時をまたいで建玉を保有した場合に、発生する手数料です。この手数料は、建玉を保管しておくための費用として手数料がかかります。つまり、長期的に建玉を持っているほどレバレッジ手数料が多くかかってしまう仕組みになっています。

取引手数料(仮想通貨FX)

GMOコインは、暗号資産FXの取引手数料は無料です。ただし取引所でのレバレッジ取引同様、レバレッジ取引手数料が発生します。ロスカット手数料は無料です。

仮想通貨(暗号資産)を入金・出金するときにかかる手数料

GMOコインで仮想通貨を入金・出金するときにかかる手数料は、入金・出金手数料の2種類です。

種類金額
入金無料(マイナーに支払う手数料はユーザーが負担)
出金無料

仮想通貨入出金手数料

GMOコインは、仮想通貨を入金・出金する際の手数料は無料です。

仮想通貨を無料で入出金できるので、取引所を複数持ち、使い分けて取引している方にとっては大変メリットが大きいサービスとなっています。

ただし、入金する場合は、マイナーに対して手数料を負担しなければなりません。

また、仮想通貨を送金する際に最も注意しなければならないのが、入力間違いによる送金ミスです。金融機関から振込をするときに口座番号が必要なように、ビットコインも同様、ウォレットなどに送金する際、ビットコインアドレスの入力が必要です。このビットコインアドレスを誤って入力し、そのアドレスが存在した場合、出金取引が成立してしまいます。取引が成立してしまった場合、自分のもとにビットコインを取り戻すのは非常に困難で、残念ながら不可能な場合が多いです。

出金手数料は無料ですが、こうしたトラブルが起きると思わぬ大出費となってしまうので、入力間違いは絶対にしないようにしましょう。

GMOコインの手数料を安く済ませるコツ

GMOコインは、もともと手数料が安く取引ができますが、さらにお得になるコツを知って効率よく取引していきましょう。

販売所ではなく、取引所を利用する

販売所での取引手数料は無料となっていますが、必ずスプレッドが発生してしまいます。取引所の場合は、Takerとなったユーザーには0.05%の手数料がかかってしまいますが、スプレッドは販売所と比べて圧倒的に狭いです。

また、Makerの場合は、マイナス手数料を受け取ることができるので、総合的に見て販売所よりもコストを抑えて取引することが可能です。販売所での取引は、取引相手がGMOコインの2WAYプライス方式で、初心者の方には易しい形式になっています。

ただ、手数料を抑えて少しでも多く利益を得たいという方は、これを機に取引所での取引に挑戦してみるのも、手数料を抑えてお得に取引できる1つの手段です。

レバレッジ取引は短期的に行う

レバレッジ取引をする際、GMOコインのクローズ時間である朝6時をまたいで建玉を保有した場合、手数料がかかってしまいます。つまり、長期的に建玉を持っていればいるほど、手数料が多くかかってしまうということになります。1日あたりのレバレッジ手数料は0.04%ですが、仮に1年間建玉を持ったまま放置していたとすると、かなり高額な手数料となってしまいます。

そのため、レバレッジ取引をする場合は短期的に、可能であれば翌日の朝6時までに建玉を決済することを意識して取引すると、手数料を抑えることができます。

キャンペーンを上手く活用する

GMOコインでは、手数料無料やスプレッド縮小など、お得でありがたいキャンペーンを実施していることがあります。そのほか、キャッシュバックや現金プレゼントの抽選などのキャンペーンも実施することがあるので、手数料分に充てるためにも有効的です。

GMOコインの手数料【他社比較】

GMOコインと他社取引所の手数料をわかりやすく比較してみました。

 GMOコインコインチェックリキッドバイコインDMMビットコイン
入金手数料無料0~1018円無料無料
出金手数料無料407円510円無料
取引手数料(販売所)無料無料×無料
取引手数料(取引所/現物)Maker-0.01% Taker0.05%無料0~0.1%無料
レバレッジ手数料建玉ごとに0.04%/日×建玉ごとに0.1%/日建玉ごとに0.04%/日
ロスカット手数料建玉ごとに0.05%/日×0.2%無料
仮想通貨入金手数料無料無料無料無料
仮想通貨出金手数料無料0.001BTC0.0007BTC無料

※GMOコイン即時入金手数料・仮想通貨FX手数料を除く

GMOコインと他社取引所を比べてみると、GMOコインの手数料無料の割合が高い印象です。また、GMOコインの強みの1つである、ほかの取引所にはない「マイナス手数料」が導入されているので、お得に取引が可能です。さらに、GMOコインはキャンペーンを実施する頻度も高く、手数料が免除されるチャンスがあります。

手数料を抑えて取引がしたいというユーザーの方にとっては、GMOコインは非常におすすめです!

GMOコインの手数料は高いの?

GMOコインは、手数料が高いと言われていることもありますが、取引をしていく上で何度も利用する入出金・仮想通貨の入出金の手数料が無料です。また、取引所での現物取引でMakerの場合は、マイナス手数料を受け取ることができ、ユーザーにとっては大変お得なサービスが導入されています。

よって、GMOコインの手数料は、総合的に安いと言えますほかの取引所と比較した場合も断然GMOコインの手数料が安く設定されていることがわかります。

そのため、GMOコインは低コストで取引が可能な仮想通貨取引所です。

まとめ

仮想通貨取引をする上で、手数料について知っておくだけで効率よくお得に取引することができます。GMOコインの手数料は、総合的に見ても、他社と比較しても安いと言えます。さらに短期的なレバレッジ取引やマイナス手数料、キャンペーンを上手く活用すればさらにお得に取引することが可能です。

大切な資産を動かす取引や、せっかく増やした資産に手数料がかかってしまうのは、非常にもったいないです。GMOコインは、国内で1番最初に「マイナス手数料」「Post-Only」を導入するなど、ユーザーにとって使いやすい仮想通貨所を意識し、常にサービス向上のための取り組みを実施しています。

GMOコインは、コストを安く抑えて節約しながら取引ができる仮想通貨取引所なので、手数料が気になる方にとても向いています。

スマホからの申込みであれば「かんたん本人確認」で最短10分で口座開設ができます。

GMOコインで、手数料を抑えながらお得に仮想通貨取引をしてみましょう!