ゴールドマン・サックスがブロックチェーン関連のETFを申請!

ゴールドマン・サックスがブロックチェーン関連のETFを申請!

2021年7月26日、ゴールドマンサックスは「Goldman Sachs Innovate DeFi and Blockchain Equity ETF」の目論見書をアメリカのSECに申請したことが判明しました!

ブロックチェーンの銘柄やドイツSolactive社の「Decentralized Finance and Blockchain Index」に近々連動するそうです。

すでにSolactive社はブロックチェーン関連や多数の仮想通貨のインデックスを提供しているものの、SECへの申請書類におけるインデックスは、Solactive社の公式サイトでは確認されていません。

SECの申請書類によれば、ゴールドマンサックスのインデックスはその他にも「分散型金融」というフレーズの使用を控えています。

ゴールドマンサックス社は、「金融のデジタル化」は取引サービス・決済のサポート・レンディング・保険などのような「伝統的な金融サービスのDX化」と述べています。

現段階では、Solactive社のインデックスの組成銘柄は明かされていませんが、申請書類では以下のような国での主要取引所で上場・取引されている企業の普通株式であることは明らかとなっています。

  • 日本
  • 韓国
  • アメリカ
  • イギリス
  • オーストラリア
  • カナダ
  • 香港
  • フランス
  • ドイツ
  • スイス
  • オランダ

さらに、株式の流動性における最低要件が設定されるようです。