ICO(Initial Coin Offering)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

ICO(Initial Coin Offering)とは?

ICO(Initial Coin Offering)とは、資金の調達をしたい企業や個人、プロジェクトなどがコインやトークンと呼ばれる独自仮想通貨を発行して投資家に販売することによって、資金を集めることをいいます。ちなみに、このトークンの販売のことはトークンセールと呼ばれています。

ICOは、IPO(従来の株式を活用した資金調達のこと)よりも資金調達のハードルがはるかに低いのが大きな魅力となっています。チーム詳細やプロジェクト内容、開発スケジュールなどを公開したウェブサイトとそれを記載したホワイトペーパー、独自のトークンを発行するだけですぐに世界中から膨大な資金を集めることができるため、様々な国の新興スタートアップ企業たちが、ICOを実施しています。

なお、このICOプロジェクトへの投資は、仮想通貨投資業界の中でも1番ハイリスクハイリターンだといわれています。将来性のあるICOプロジェクトに初期段階で参加してトークンを購入すれば、短時間で数万倍の利益を得ることもできます。

ただし、世界中には大量のICOプロジェクトがすでに存在しているため、その実態や将来性をきちんと見極めることは容易ではありません。その上、このICOを利用した詐欺も最近は増えてきているため、ICO投資は慎重にしたほうがいいでしょう。