IMF(国際通貨基金)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

IMF(国際通貨基金)とは、為替相場と国際金融の安定化を目的とした国際機関のことです。IMF(国際通貨基金)は、国際収支に問題を抱えている加盟国への資金貸出、経済政策や制度の近代化と人々の成長促進、国際通貨システムの監督・監視の3つ活動を主に行っています。

IMF(国際通貨基金)は、1944年にニューハンプシャー州のブレトンウッズで行われた国際通貨金融会議において、経済協力の促進に45か国の政府代表が合意して造られました。その結果、米ドルを基軸とした固定為替相場制が始まり、固定相場を保つための為替介入をIMFは主な業務として行っていました。1978年には通貨危機となった加盟国に経済支援を行う業務を開始しています。

IMF(国際通貨基金)は、仮想通貨などのような分散型台帳技術に対して、以下のメリットがあるとされています。

  • 迅速かつ低コストで金融取引の実現
  • スマートコントラクトによる金融市場の効率化
  • 金融包摂

その一方で、仮想通貨がテロやマネーロンダリングへの資金供与手段に利用されるリスクを警戒しており、規制づくりの必要性を公正な視点で主張する立場にあります。