Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の評判や口コミを完全まとめ!メリット・デメリットについて【2021年最新版】

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の評判や口コミ

Liquid by Quoineは、対応法定通貨(米ドルやユーロなど)が国内最大規模級に多いことから、海外のユーザーからも人気が高い仮想通貨取引所です。

  • Liquid by Quoineで口座開設してみたいけど、その前に実際の評判が知りたい!
  • Liquid by Quoineのメリットやデメリットは?

Liquid by Quoineのリアルな評判や口コミが気になっている方が多いのではないでしょうか。

ビットコインは、資産価値としての特性が金と似ていることもあり、トレーダーの間では「デジタルゴールド」とも呼ばれ、仮想通貨取引の需要は高まり続けています。Liquid by Quoineで仮想通貨取引をしてみたいけど、1歩が踏み出せず悩んでいる方が多いはず。

そこでこの記事では、仮想通貨歴10年以上の管理人が、Liquid by Quoineの評判や口コミについて調査した結果や、メリット・デメリットについて完全まとめにしています。また、Liquid by Quoineの会社概要やどんな人に向いているのかも併せて解説します。

この記事を最後までご覧になることで、Liquid by Quoineで口座開設するかべきどうかご自身で判断いただけるようになるでしょう。

それでは、まずは会社概要から見ていきましょう。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の会社概要

Liquid by Quoineは、QUOINE株式会社が運営している仮想通貨取引所です。2017年9月に仮想通貨交換業者として、国内で初めての金融庁の登録を受けた企業となっています。

元々は、Quoinex(コインエクスチェンジ)・Qryptos(クリプトス)として仮想通貨取引サービスを提供していましたが、2018年9月から1つのプラットフォームに統合した現在の「Liquid by Quoine」が誕生しました。事業拠点は、日本とシンガポールに構えており、海外の取引市場を意識した最先端の取り組みを日々行っています。

Liquid by Quoineは、国外の仮想通貨取引所の流動性を1つにする「World Book」が採用されていることが特徴の1つです。また、ICOにより発行された取引所トークン「Liquid Coin(旧名QASH)」を利用できる国内唯一の仮想通貨取引所として国内のみならず、海外在住のユーザーからも支持されています。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)のメリット【5個】

それでは早速、Liquid by Quoineの5個のメリットについてご紹介していきます。

対応法定通貨数が非常に多い

Liquid by Quoineは、国内仮想通貨取引所の中でも最大規模級の法定通貨ペア数となっています。法定通貨数は9種類で、法定通貨ペアは34種類となっています

これだけ多くの法定通貨を取引できるのは、Liquid by Quoine独自の強みと言えます。このような他の仮想通貨取引所にはないLiquid by Quoineならではの強みが、日本のみならず、海外在住のユーザーからも人気が高い理由の1つです。

  • ≪取り扱い法定通貨ペア≫
    日本円(JPY) 米ドル(USD) ユーロ(EUR) シンガポールドル(SGD) オーストラリアドル(AUD) 香港ドル(HKD) 人民元(CNY) フィリピンペソ(PHP) インドネシアピア(IDR)

国内で唯一「キャッシュ(QASH)」が取引可能

Liquid by Quoineは、国内で唯一「キャッシュ(QASH)」を購入することができる仮想通貨取引所です。キャッシュ(QASH)はLiquid by Quoineが自社開発したトークンです。

2017年11月6日から3日間行われたICOでは、開始直後から注文が殺到し、販売予定であった3.5億QASHが完売してしまいました。このトークンセールは、2017年中、アジアで最も成功したトークンセールと言われており、販売高はなんと1億500万米ドルにも及んでいます。以前は「QASH」という名称でしたが、リブランディングの末、2019年2月に「Liquid Coin」に変更されました。

そんなキャッシュ(QASH)を購入できるのは、Liquid by Quoineだけとなっています。取引をしたいという方はLiquid by Quoineで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

業界最小水準のスプレッド

Liquid by Quoineは、スプレッドが非常に小さく設定されており、他社取引所よりもお得に取引ができます業界最小レベルのスプレッドが実現できている理由は、Liquid by Quoineが世界規模の流動性が担保されていて、なおかつ取引所形式であるからこそです。

他の仮想通貨取引所の場合、スプレッドが1万円以上開いている傾向にあります。Liquid by Quoineの場合は、ビットコインは約50円、イーサリアムは約40円といった超低価格なスプレッドに収まっています。

せっかく仮想通貨取引をするなら、コストとしてかかるスプレッドは小さく抑えたい方が多いはず。Liquid by Quoineは、国内でもトップクラスに小さいスプレッドとなっているため、スプレッドを安く抑えて取引したい方には最適です。

最先端技術を駆使した強固なセキュリティ対策

Liquid by Quoineは、国内最高水準のセキュリティ対策を実施しており、その厳重な体制には定評があります。セキュリティ機能の実装のみならず、Liquid by Quoineの組織体制の構築など内部での取り組みも幅広く実施しています。セキュリティを最優先した様々な取り組みが実施されているので、Liquid by Quoineはユーザーにとっては心強く、安心して取引ができる環境であると言えます。

  • Liquid by Quoineのセキュリティ対策/顧客資産管理
    顧客資産とLiquid by Quoineの資産を分別して管理
    マルチシグを導入
    100%コールドウォレット管理
    2段階認証
    ログイン履歴の通知
    出金先の仮想通貨アドレスをホワイトリスト化
    API経由での出金禁止
    ユーザーの出金依頼から完了までの4段階ステップを設定
    専任スタッフによるオフライン環境での出金作業
    PC・スマホアプリからのログイン時、2FAを必須化
    CEOを中心とした危機管理委員会の設置
    第三者機関の外部専門家による定期的なセキュリティチェック
    コールドウォレットが実装できない仮想通貨は取り扱いしない
    金融犯罪の内部犯行を防止するための各種取り組み

マルチシグとは?
マルチシグネチャーの略語で、日本語訳では「複数の署名」という意味。複数の秘密鍵を必要とする技術のこと。

コールドウォレットとは?
仮想通貨保管する方法のこと。セキュリティレベルがとても高い保管方法の1つです。

簡単に操作できるスマホアプリがある

Liquid by Quoineでは、PCだけでなくiOSとAndroidに対応した専用の取引アプリ「Liquid by Quoineライト版」が利用できます。

スマホアプリを使う全ての人にとっての「使いやすさ」を徹底的に追及したデザインとなっているので、初心者でも直感的に操作が可能です。このスマホアプリ1つで、現物取引とレバレッジ取引どちらも可能なので、PCを持ち歩く手間が省け、外出先でも本格的な取引ができます。

板情報とチャートを同時に見ることができ、機能性も優れています。また、2020年12月より損益チャート機能が追加され、ますます使いやすくなりました。この損益チャートにはSNSへのシェア機能も搭載されているので、取引でどれだけ利益が出たか、もしくは損失が出てしまったかをシェアするのも面白いですね。

Liquid by Quoineでは、利便性にこだわったサービスを続々と追加・アップデートしているので、今後も新たな機能が登場すると予想されています。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)のデメリット【2個】

入出金の反映がやや遅い

Liquid by Quoineでは、厳重なセキュリティ対策が敷かれている都合上、日本円や仮想通貨の入出金の反映が少し遅くなってしまいます。

ただ、入出金が即時反映でも、セキュリティ体制に脆弱性があれば本末転倒です。セキュリティを最優先考えた、顧客の資産を安全に守るための施策なので、安心して取引ができるぶん、多少反映が遅くなってしまうのは仕方がないかと思われます。

取り扱い通貨の数がやや少なめ

Liquid by Quoineで取り扱いのある仮想通貨は、5種類となっており、他の取引所と比べるとやや少ない印象です。

ただし主要通貨であるビットコインやイーサリアムのみを取引するユーザーには問題ないかと思われます。また、Liquid by Quoineのセキュリティ対策の観点から、コールドウォレット管理ができない仮想通貨は取り扱いをしない方針となっているので、リスク管理のための種類数とあれば納得ができます。

  • ≪取り扱い仮想通貨≫
    ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ビットコインキャッシュ(BCH) キャッシュ(QASH)

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)はこんな人におすすめ!

「キャッシュ(QASH)」を使って取引がしたい方

Liquid Coinは、Liquid by Quoineが独自に開設したトークンです。また、国内の仮想通貨取引所では、Liquid by Quoineでしか取り扱いがありません。そのためキャッシュ(QASH)を購入したいという方は、Liquid by Quoineで口座開設するしか方法はありません。

他の仮想通貨取引所の口座を持ちながら、キャッシュ(QASH)目当てで新たに口座開設をしたというユーザーもかなり多い現状です。キャッシュ(QASH)を購入しようか検討している方には、非常におすすめとなっています。

スプレッドの広さが気になる方

仮想通貨取引をしている上で、必ずかかってしまうコストであるスプレッド。大切な資産の取引なので、余分な出費は避けたいと思っている方が多いはずです。Liquid by Quoineは、業界最小水準のスプレッドの小ささを誇っており、スプレッドが気になる方も安心して取引することができます。

他社の取引所と比べてもスプレッドの小ささは歴然で、なるべくコストを抑えて取引がしたいという方におすすめです

厳重なセキュリティ対策が導入された環境で安心して取引がしたい方

大切な資産を取引する上で、安全性の高い環境で取引をしたい方が多いはず。Liquid by Quoineは、国内仮想通貨取引所の中でもハイレベルなセキュリティ体制が取られております。

セキュリティ機能の導入だけでなく、外部専門家によるセキュリティチェックやコールドウォレットで管理できない仮想通貨は取り扱いをしないなど、Liquid by Quoine組織内でもリスク管理を徹底しています。ここまで、セキュリティ対策を強化している仮想通貨取引所は、他にはないのではないでしょうか。信頼できるセキュリティ体制で、安心して取引をしたい方にはおすすめです

まとめ

Liquid by Quoineは、独自に開発したトークン「キャッシュ(QASH)」を保有する国内唯一の仮想通貨取引所であり、対応法定通貨数の多さや厳重なセキュリティ対策が施されていることもあり、ユーザーからの支持は熱く、大人気となっています

入出金の反映がやや遅い点や、取り扱い通貨の数が少ないなど言われることもありますが、すべてはユーザーの大切な資産を守り、安心安全を提供するためのセキュリティ施策なので納得ができます。

Liquid by Quoineは、すべてのユーザーが快適に取引ができるよう、顧客目線の配慮が行き届いた信頼性の高い仮想通貨取引所です

Liquid by Quoineで取引を始めてみたいという方は、「Liquidスマホでかんたん本人確認」での申込みで、面倒な郵送での手続きをせず、スマホ1台で最短当日に口座開設が完了します。

この機会にLiquid by Quoineで口座開設をして仮想通貨取引をしてみましょう!