P2P(ピアツーピア:Peer to Peer)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

P2P(ピアツーピア:Peer to Peer)とは?

P2P(ピアツーピア:Peer to Peer)とは、ネットワークに接続されているコンピューターの端末同士が直接通信する方式のことをいいます。

一般的なクライアント・サーバー方式の場合は、多数のクライアントを抱えている状態で1台のサーバーしか稼働してなければ、サーバーはもちろんのこと回線にも負担がかかる上に、サーバー障害が発生すると全てのクライアントに影響が出てしまうというデメリットもあります。

一方、P2P(ピアツーピア:Peer to Peer)形式の場合は分散型のシステムなので、スケーラビリティが高い上に、特定の端末に障害が起こってもその他のサーバーや回線には影響が出ないというメリットがあります。

このPeer to Peerによる取引方式は、ビットコインをはじめとする仮想通貨の基盤技術にも使われており、それぞれの端末が同じ台帳を保有する分散型台帳システムとなっています。