プラズマとは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

プラズマとは?

プラズマとは、トランザクションをサイドチェーンで処理して、メインのブロックチェーンに最終的なデータだけを記録する技術のことをいいます。プラズマは、ライトニングネットワークの開発者Joseph Poon氏とイーサリアム考案者のヴィタリック・ブテリン氏によって考案されました。イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決することを目的としており、2017年にプラズマのホワイトペーパーが公開されています。

イーサリアムは、Dapps開発のためのプラットフォームという特徴があるため、Dapps開発が進んでユースケースが増えていけば、スケーラビリティ問題に直面することになります。実際に、CryptoKittiesというDappsによってトランザクションが遅延することも起こっており、イーサリアムがDappsのプラットフォームとして普及するためにはスケーラビリティ問題を解決しなければいけません。

プラズマでは、イーサリアムのメインチェーン(ルートチェーン)がそれぞれのプラズマチェーン(サイドチェーン)に対して権限をもちます。プラズマチェーン内は、スマートコントラクトの構築と独自仕様が可能という特徴があります。

プラズマのホワイトペーパーでは、DEX(分散型取引所)やプライベートチェーンをそれぞれ処理しており、メインチェーンに取り込む組織図が記載されています。このように、プラズマチェーンは参加者がわざわざブロックチェーン上のデータをすべて読み込まないようにブロックチェーンを使い分けることができるのです。