PoI(Proof of Importance)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

PoI(Proof of Importance)とは?

PoI(Proof of Importance)とは、ネム(NEM)で採用されているコンセンサスアルゴリズムのことで、ネム(NEM)ネットワーク内においての経済活動の貢献度を重要視したコンセンサスアルゴリズムのことをいいます。

PoI(Proof of Importance)は、PoS(Proof of Stake)やPoW(Proof of Work)などのマイニングによってもたらされる富の遍在化を妨げる目的で作られました。

PoW(Proof of Work)は大規模なマイニングシステムを構築できる一部の人に富が偏在するという問題を抱えていたのですが、PoS(Proof of Stake)はこのようなPoW(Proof of Work)の問題を解決するために設計されました。しかし、PoS(Proof of Stake)もまたPoW(Proof of Work)と同様に一部の人に富が偏在する可能性が指摘されています。

一方で、PoI(Proof of Importance)では、ネム(NEM)コミュニティへの貢献度に応じて重要度が設定されているので、大規模なマイニングシステムを構築できる一部の人に富が偏在するのではなく、重要度の高い利用者が報酬を得ることができるようになりました。

報酬を得る仕組みを簡単に説明すると、1日ごとにネム(NEM)の保有期間や保有量、利用量などから得られるスコアを加算していき、スコアが一定の数値を超えた時点で報酬を得られるようになっています。