楽天ウォレットの使い方を徹底まとめ!登録・入金から取引・出金までのやり方について

楽天ウォレットの使い方

楽天ウォレットは、超有名な楽天グループが運営している仮想通貨取引所です。グループの知名度が高いため、安心感があり、利用者もどんどん増えてきています。

  • 楽天ウォレットの使い方がわからない
  • 初めての取引所だから使いこなせるか不安

そんな楽天ウォレットで口座開設したものの、どうやって使いこなしたらいいのかわからないという方は多くいらっしゃるでしょう。特に初めての取引所だと、不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、仮想通貨歴10年以上の管理人が、楽天ウォレットの使い方について徹底的にまとめてみました。登録・入金から取引・出金までのやり方について詳しくまとめているので、これから楽天ウォレットで取引を始めたいという方は是非最後までご覧ください。

それでは、楽天ウォレットの使い方について解説する前に、楽天ウォレットについてよく知らないという方のために、楽天ウォレットとはどのような会社なのかご紹介していきます。

楽天ウォレットとは

楽天ウォレットとは、「楽天ウォレット株式会社」が運営しており、2016年に設立された取引所になります。まずはそんな楽天ウォレット特徴をご紹介します。

楽天ウォレットの特徴

楽天ウォレットの取り扱い通貨は「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」の3種類の通貨を取り扱っています。

また、楽天ウォレットは過去に仮想通貨取引所のハッキング事件があり、それを気にセキュリティ対策に力を入れています。事件以降から仮想通貨に特化したセキュリティ商品やサービスの徹底をするために、今までにはない試みとして、セキュリティ専門会社のCipherTrace社と提携しています

さらに、ユーザーから預かっている資産は全て楽天ウォレット内で保管せず、グループの楽天信託銀行が楽天銀行に預け入れをすることで、資産の管理を行っています。

一度ハッキングされた過去はあるため、新規ユーザーも中々楽天ウォレットには手を出しずらいと考える人も多いと思いますが、逆に言うとこれまで以上にセキュリティ対策の徹底をしているため、安心して利用することができます

楽天ウォレットのメリット

ここからは楽天ウォレットを利用するメリットをいくつか紹介していきます。

セキュリティが高い

楽天ウォレットは楽天の小会社である会社が運営している取引所のため、楽天品質のセキュリティで仮想通貨取引を楽しむことができます。

さらに、楽天ウォレットでは顧客の資産を分散して管理することで、ウォレットの顧客資産のハッキングされる可能性を格段に下げているので、安心して利用することができます。

手数料が安い

仮想通貨取引を行うにおいて、かなり重要になってくることの一つとして手数料の料金があげられます。

楽天ウォレットでは、取引時の手数料は全て無料になっていることから、他の取引所で取引するよりもお得に取引することができます。

楽天で貯めたポイントを仮想通貨に交換することができる

楽楽天で貯めたポイントを仮想通貨に交換することができることは、楽天ウォレット特有のメリットとも言えるでしょう。

楽天ウォレットの運営する仮想通貨交換所で、楽天で貯まったポイントを暗号資産に変えることができ、100ポイント以上から1ポイント単位で交換可能になります。

普段楽天の通販サイトなどをよく使う人などはかなりポイントも貯まり、仮想通貨でも上手く利用して利益を増やすことができるなんて、かなりお得ですよね。

楽天ウォレットのデメリット

取り扱いしている通貨が少ない

取り扱いしている通貨が少ないことは楽天ウォレットの1番のデメリットと言えるでしょう。他の取引所と比べてもかなり少なくなっています。

コインチャックの場合だと17種類も取り扱っているのに対して、楽天ウォレットの場合は前述した通り、「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」の3種類しかありません。

ですので、仮想通貨取引になれてきて、自分の取引したい通貨が取り扱っていないとなる可能性もあります。

しかし、逆を言ってしまえば、取り扱い通貨が多いと初心者の人は何が良いのかわからないという事態を減らすことができます。

もちろん、取り扱い通貨が少ないからと言って直接的に利益に影響されるわけではありません。

出金/出庫の手数料がかかる

楽天ウォレットの場合取引する際の手数料は無料になっていますが、日本円や暗号資産を出金/出庫する場合は一定数の手数料が発生し、一律300円の手数料がかかります。

他の取引所では逆に取引手数料がかかり、出金/出庫する際は無料という取引所もありますので、自分に合った取引所選びが大切になってきます。

スプレットが広い

スプレットというのは買う金額と売る金額の差になります。

頻繁に取引しない人にはあまり気にすることではないことですが、取引を頻繁に行う場合はデメリットかもしれません。

楽天ウォレットの使い方【登録方法】

ここからは、楽天ウォレットの使い方をご紹介していきます。まずは実際に取引する前の登録方法を解説していきます。

楽天ウォレットの口座開設

楽天ウォレットを利用するにはまず初めに楽天ウォレットの登録、口座開設をしなければいけません

楽天ウォレットの登録と口座開設は楽天の公式HPから行うことができます。楽天の公式ホームページを開きましたら、登録作業に移るのですが、登録作業の前に2つのどの作業が必要になります。

  • 楽天会員になる
  • 楽天銀行の口座を作る

登録前にこちらの手順が必要になりますので、どちらも済んでいない人は楽天会員登録・楽天銀行の口座開設から始めましょう。

2つとも既に済んでいる人はホームページから早速登録を行いましょう。

基本情報(名前や生年月日、住所など)の入力が完了しましたら、数日~数週間程度で楽天銀行から簡易書類が送られてきますので、手順通り進めましょう。

楽天銀行との接続

登録手順が終わりますと、次に楽天口座との接続を行わなければいけません

ログイン後のページから「楽天銀行に接続」という項目をクリックすると、楽天銀行へのログインページが新たに表示されますので、楽天銀行の口座を作った時のユーザーIDとパスワードを入力してログインしましょう。

ログインできると、次の画面で楽天銀行の「自動引落設定確認」ページが開かれます。

ページ中の「ワンタイムキーを送信」をクリックし、送られてきたワンタイムキーを入力、実行すると、楽天銀行との接続が完了し、楽天ウォレットの審査が始まります。

楽天ウォレットの使い方【入金方法】

楽天ウォレットの口座に日本円を入金する手順はとても簡単です。

楽天ウォレット専用のアプリを起動して、ログインすると取引可能な通貨が表示されるトップページが表示されますので、そのページの「日本円」をタップするとすぐに日本円の入出金ページに移動します。

そこからさらに、「入金」をタップし、自分が入金したい金額を入力して、「次へ」をタップしましょう。

すると、確認画面に移動しますので、自分の設定した入金額などを確認し、「入金」ボタンをタップすると入金手続き確定完了となります。

仮想通貨を入金する方法

仮想通貨も日本円同様に楽天ウォレットのアプリから行うことができます。

アプリログイン後、入金したい通貨を選択することで、その選択した通貨の取引画面が表示されます。

取引画面の矢印ボタンをタップすると、入金先アドレスと、アドレスを表すQRコードが表示されますので、表示されているアドレスを入金元のサイトに書き込んで入金処理を行えば、仮想通貨の入金が完了します。

楽天ウォレットの使い方【取引方法】

最初に説明した通り、楽天ウォレットでの取引可能な仮想通貨は、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ

の3種類になります。

チャートの見方

楽天ウォレットのアプリを起動後、取引したい通貨を選択すると、取引画面に移動します。

その取引画面でアプリ画面の右上にあるチャートマークをタップすると自分が選択した通貨のチャートを確認することができ、チャートは1時間から1年単位まで確認することができます。

仮想通貨売買

先ほどのチャート確認画面の下に「通貨の購入・売却」ボタンが表示されています。

通貨を購入する場合は「購入」をタップし、自分の購入したい数量を入力後、「次へ」ボタンをクリックしてください。

注文内容を確認して「購入」タップで購入することができます。

逆に通貨を売却したい場合は「売却」ボタンをタップし、自分の売却したい数量を入力後、「次へ」ボタンをクリックしてください。

購入時と同じように注文内容を確認して「売却」タップで売却することができます。

楽天ウォレットの使い方【出金方法】

日本円の出金は先ほどの「入金」の説明とほとんど変わりません。

アプリログイン後、「日本円」をタップするまでは一緒になります。

そこから、先ほどは「入金」をタップしたと思いますが、「出金」ボタンをタップし、出金したい金額を入力し、「次へ」をタップすると確認画面に映りますので、「入金」同様に自分が入力した出金額を確認し、「出金」ボタンをタップすると出金手続き確定完了となります。

仮想通貨の出金する方法

仮想通貨の出金も同様の手順で取引画面まで進み、取引画面上部の紙飛行機マークをタップすると出金先アドレスを入力する画面に切り替わります。

そこに、アドレスを入力するか、QRコードを読み取り、「次へ」ボタンをタップすると出金数量を入力する画面に移動しますので、自分の好きな数量を入力し、出金先の地域を選択後「次へ」ボタンをタップすると最後に確認画面が表示されるので、確認後「出金」ボタンをタップすると仮想通貨の出金手続きは完了となります。

まとめ

今回は楽天ウォレットの使い方を徹底的にまとめてみました。仮想通貨取引は知識も大切になりますが、どの取引所を選ぶかによっても今後の利益や収入が変わってきます。日本の取引所だけでも数多くありますので、自分に合った取引所を選びましょう。

今回紹介した楽天ウォレットは初心者の人におすすめできる取引所です。もちろん、仮想通貨を長年利用しているユーザーもたくさんいますが、初めてでどこの取引所が良いのかわからないとう人は是非、楽天ウォレットの口座開設をし、実際に取引してみてください。