SCAM(スキャム)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

SCAM(スキャム)とは?

Scamとは、要するに「詐欺」です。Scamは仮想通貨業界でも横行しているため、仮想通貨投資を検討している方は十分に注意する必要があります。特に、新規のICOに参加し、トークンを購入する際は注意すべきです。日本では金融庁が、アメリカではSECが警告を呼び掛けています。

ICOでは、実際に開発の実態が一切ないにも関わらず、ホワイトペーパーとウェブサイトのみを用意してトークンのプレセールを開始し、トークンの購入を煽ることで、仮想通貨を不正に調達するという詐欺が横行しています。こういったICOプロジェクトは、Googleの広告にもちゃんと表示されているため、知らずに知らずのうちに騙されてしまったというケースもあるのです。

そんなICOが詐欺かどうかを見極めるためのコツは、ホワイトペーパーやウェブサイトをしっかりと理解するだけではなく、①海外の仮想通貨掲示板コミュニティで開発者の実態があるかどうかを確認する、②LinkedInで開発者が実在するかどうかを調べるなどです。このように、ご自身で時間と手間をかけてじっくりと調査する必要があります。

一方で、他の通貨をScamといってくる投資家もいますが、誰かがScamだと言ったからといって実際に詐欺であるというわけでもないので注意しましょう。他人の意見を必要以上に信用することなく、ご自身で判断することが大事です。

Scamではない仮想通貨を購入したい方は、将来性の高いおすすめ銘柄をランキング形式で下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

仮想通貨の将来性ランキング2021 仮想通貨の将来性ランキング2021のTOP5を発表【仮想通貨のおすすめ銘柄97銘柄を徹底比較しました】

また、今後の将来性がある仮想通貨を安く取引したい方は、下記の記事に仮想通貨取引所の手数料についてまとめているので、こちらも合わせてご覧ください。

仮想通貨・ビットコインの手数料を全50社で徹底比較【2021年9月最新版】