Weiss Ratings(ワイスレーティングス)とは?意味を徹底解説【仮想通貨用語】

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)とは?

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)とは、株式・ETF・投資信託・保険などといった幅広い金融商品の格付を行っているアメリカの独立系格付機関です。1971年に創業したWeiss Ratings(ワイスレーティングス)は、他の大手格付機関と違って、どの会社からも報酬を一切受け取っていないため、信頼性と独立性を強みとしています。

2018年には世界初となる仮想通貨の格付の「Weiss Cryptocurrency Ratings」を公表して、話題となりました。この格付では、代表的な仮想通貨であるビットコインやイーサリアム、ネム、リップルなどをはじめとする74種類の通貨をテクノロジー指数・リスク指数・収益指数・採択指数の4項目を基準として、それぞれの仮想通貨をA~Eまでの5段階で評価しています。

ビットコインという仮想通貨に関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

仮想通貨のビットコイン(BTC)を徹底解明!特徴&今後の将来性&おすすめの取引所について

イーサリアムという仮想通貨に関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

仮想通貨のイーサリアム(ETH)を徹底解説!特徴&今後の将来性について

ネムという仮想通貨に関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

仮想通貨のネム(NEM)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説!

リップルという仮想通貨に関して詳しく知りたい方は、下記の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

仮想通貨 リップル(XRP)の今後は?将来性や特徴を解説