ザイフ(Zaif)の安全性はいかに?信頼性を徹底調査!

ザイフ(Zaif)の安全性

ザイフは、マイナス手数料などの他社にはないサービスを提供している仮想通貨取引所です。

  • ザイフの安全性は高いの?
  • 信用性はある?

そんなザイフについてこのように思われている方も多くいらっしゃるでしょう。ザイフに興味を持ったけれども、実際に口座開設をしようかどうか悩んでいるという方はきっと多いはずです。仮想通貨取引を行うのであれば、安全性や信頼性の高い取引所を利用したいものですよね。

そこでこの記事では、ザイフの安全性や信頼性について徹底調査した結果、判明した事実を解説していきたいと思います。

先に結論から言うと、現在のザイフの安全性・信用性は高いです。経営体制を一新しており、ユーザーが安全に取引できるよう許容量・セキュリティ・運営の面から堅固なサービス体制を敷き、堅実で安全な運営を行っています。サービス内容は基本的に変えず、良いものはそのままにして、新たな信頼獲得のもと運営しています。

このページを進めていけば、ザイフが実際に行っているセキュリティ体制を完璧に把握することができるため、安心して取引できるようになるでしょう。

ザイフ(Zaif)の安全性

ザイフでは、安全性を確保するべく、以下のような体制を敷いています。

  1. 仮想通貨の管理強化
  2. ユーザー情報・バックアップデータ管理の強化
  3. システムインフラの堅牢性強化
  4. 分別管理
  5. リスク管理・セキュリティ対策の強化

どこの仮想通貨取引所であっても、ユーザーから預かる仮想通貨や現金の保全には、運営者経営のリスク・運営者従業員不正のリスク・運営者セキュリティのリスク・暗号資産自体のリスクといったリスクが伴います。これらのリスクからユーザーを守るべく、上記のような体制を敷いているというわけです。

それでは、一つずつ詳しくみていきましょう。

仮想通貨の管理強化

ザイフでは、仮想通貨の管理強化を徹底しています。

ユーザーから預かった仮想通貨の残高の内、取引されてないものはシステム内からは完全に隔離された状態で複数箇所に分けてオフライン保管されています。

また、再移動の際には、内部統制制度を導入しているため、権限を持つ複数の管理者の電子署名が複数段階に渡って必要になります。

ユーザー情報・バックアップデータ管理の強化

ザイフでは、仮想通貨の管理強化だけでなく、ユーザー情報・バックアップデータ管理も強化しています。

その移行・読み出し・復元においても、権限を持つ複数の管理者の電子署名が複数段階に渡って必要です。

システムインフラの堅牢性強化

システムを複数に渡って外部から遮断することで、内部への侵入が絶対にできないシステムセキュリティ環境を構築しています

そのため、データベースなどに外部からアクセスすることは一切できません。ハッキングされないということは、かなり安心ですよね。

分別管理

ザイフでは、ユーザーから預かったお金と経営資金を完全に分離して管理する分別管理を採用しています。

そのため、ユーザーのお金が勝手に運営資金に回されることは一切ありません。

リスク管理・セキュリティ対策の強化

ザイフは、リスク管理・セキュリティ対策も強化しています。ザイフの開発チームには、金融サービス開発に携わっていたプロフェッショナルな人材が集まっています。

そのため、欧米型の数理モデルによる不正検知や日本の金融事情に特化した不正対策も施しており、国際的なマネーロンダリング対策や顧客確認基準にも対応しています。

ザイフ(Zaif)の信頼性を口コミから徹底調査

ザイフの信頼性を口コミから徹底調査してみました。ここでは、TwitterなどのSNS上を徹底調査して、見つかった口コミの一部をご紹介します。

ccのスプレッドを考えればZaifの手数料はかなり安い。安い手数料で取引させてもらっていることに感謝しましょう。
Zaifのセキュリティは強化したみたいで、信頼できる。

ネット上ではこのような口コミが見つかりました。手数料が安く、セキュリティも一新したザイフの信頼性は高いと言えるでしょう。

結論:ザイフ(Zaif)の安全性は高い

現在のザイフの安全性は、非常に高いと言えるでしょう。なぜならば、安全性を確保するべく、上記のようなセキュリティ体制を徹底しているからです。

ザイフではそれだけでなく、セキュリティ強化のために二段階認証も採用しています

二段階認証とは、メールアドレスとパスワードだけでなく、さらに別のパスワードを設定して認証を二段階に分けて行うシステムのことをいいます。この二段階認証を利用することで、第三者からの不正アクセスを防止することができるのです。

そのため、万が一あなたのメールアドレスやパスワードが流出したとしても、ログインを制限できます。

このようにザイフでは、より精度の高いセキュリティ対策を施しているため、安全性は高いのです

まとめ

ザイフは、安全性や信頼性の高い仮想通貨取引所です。経営体制を一新しており、ユーザーが安心して取引できる環境を提供しています。

最後に、ザイフが安全性を確保するために、行っているセキュリティ対策について復習しておきましょう。

ザイフのセキュリティ対策
  1. 仮想通貨の管理強化
  2. ユーザー情報・バックアップデータ管理の強化
  3. システムインフラの堅牢性強化
  4. 分別管理
  5. リスク管理・セキュリティ対策の強化

このように、ユーザーが安全に取引できるよう堅固なサービス体制を敷き、堅実で安全な運営を行っています。

さらに、二段階認証も採用しているため、安全性や信頼性はかなり高いと言えます。ザイフであれば、安心して取引することができるでしょう。