代表メッセージ

お客様の成功の架け橋として。

はじめまして。株式会社プリッジ 代表の野村琢也です。

puridge(プリッジ)という言葉はおそらく初めて聞かれた方がほとんどだと思います。これは造語で、Pure(純粋な)+ Bridge(架け橋)を組み合わせて作った言葉です。お客様(広告主様)と真摯に純粋な気持ちで向き合いたい、広告主様とその消費者を結ぶ架け橋のような存在の会社になりたい。そんな気持ちでつけた社名です。

2016年4月に創業して以来、おかげさまで本当に多くの企業様とお付き合いをさせていただいております(2019年4月をもって、おかげさまで4期目を迎えることができました)。常に企業様のインターネット広告運用で最高の成果を出し続けること、そのためにも、コンマ1%でもコンバージョンを上げるというミッションを掲げ、弊社のノウハウや時間、資源を全て注ぎ込むというスタンスで広告運用に取り組んでいます。

なお、弊社には営業部門が存在しません。そもそも、いただくお仕事の99%がお客様からの紹介ですので、営業部門が必要ないのです。営業部門が必要なければ、営業マンを雇うといった余分な人件費や経費がかかりません。むしろ、高いスキルの広告運用者を雇うことができ、これだけの圧倒的な成果が出せる会社になっています。

さらに、弊社は広告運用を主要事業としながらも、コンバージョンに大きく影響を与えるLP(ランディングページ)制作やEFO(エントリーフォーム最適化)、バナー制作やウェブ解析などのサービスも展開しており、どれも最高のクオリティーで提供可能です。

お客様の中には、クオリティーありきで、好きな洋服はこのブランド、好きな家電はこのメーカーといったようなこだわりを持たれている方もいらっしゃると思います。それと同じようなイメージで、1つでもプリッジの提供するサービスのクオリティーを体感された企業様は、自社のウェブマーケティングは全てプリッジに一任したいとお考えいただき、弊社のサービス(広告運用・LP制作・EFO・バナー制作 等)をフルパッケージで利用されている方も多くいらっしゃいます。※当然、弊社はいただく金額に何倍もの付加価値をつけて、コンバージョンをアップさせることに全力を注ぎます。

また、企業様の中には、社内に数人程度のウェブ事業部を設けているところもありますが、その事業部が広告代理店やホームページ制作会社との単なる窓口でしかないのであれば、いっその事その事業部を失くし、そこにかけていた人件費分をプールして、弊社にインターネットマーケティングを丸投げしてもらって構いません。

現在、他社の広告代理店で思った以上の成果が出ていない、あるいは、現状に満足しておらず、もっと成果を出したいという企業様は、弊社にご相談下さい。お仕事のクオリティーのみで勝負させていただきたいと思っております。

株式会社プリッジ 代表取締役

野村 琢也